ホームページリニューアルをスムーズに!

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

WEB担当者が知っておきたい!制作技術の豆知識

ホームページリニューアル時に役立つ豆知識

ホームページのリニューアル時に使われる様々なIT(WEB)用語。一体なんのことだかわからない!そんなことでお困りではありませんか?IT(WEB)業界では日々新たな技術やキーワードが生まれ業務で使われています。

  • ホームページの基礎はHTMLとCSS
  • ホームページが見れる仕組みって?
  • javascriptはホームページだけのモノではない
  • 今流行りのHTML5
  • ホームページのカラー選定

IT(WEB)業界の制作の中身を全部抑えているとキリがないですが、何となく漠然と知っていたらリニューアル業務がスムーズになる、そんなポイントだけ押さえて、このコーナーで解説していきたいと思います。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームページ担当者必見!リニューアル時に役立つ 21 のノウハウ

ホームページ制作に必須!15分でわかるHTML基礎

HTMLはホームぺージ制作では必須の言語なので、企業のホームぺージ担当者の方でもリニューアルの際に話題になるかもしれません。このページはHTMLの知識が曖昧な方やHTMLが何故ブラウザに表示されるのか?全体像がわからない方向で、HTMLの基礎知識から『かんたんなホームページを作る』ところまでを30分でおさらいできます。

ホームページに掲載するための写真

ホームページでは扱う写真のクオリティの差がそのままホームページのデザインの差になるケースが増えてきました。これは通信速度の向上が大きな要因としてあげられます。ホームページの目的は何か?ポイントを押さえて容量の大きい『キメの写真』と、容量の小さな『添える写真』、情報として『伝える写真』を使い分けて、相対的にクオリティーの高いホームページを作っていくことを目指しましょう。

キャッチコピーの作り方にはコツがある

キャッチコピーはインパクトがあり、商品やサービスの世界観を伝えユーザーの心を掴むために作られる言葉です。特にWEBサイトやSNSなどのインターネットメディアでは、検索キーワードを考慮したキャッチコピーや、共感力のあるキャッチコピーが求められます。このページでは、キャッチコピーの作り方のコツをご紹介します。

コンテンツを魅力的に見せるレイアウト

コンテンツを魅力的に見せるレイアウトの一番のポイントはファーストビューです。ファーストビューで見せるデザインは、ホームページで最も重要な要素です。ユーザーは一瞬でページの善し悪しを判断し、もし興味が無ければすぐにページを閉じてしまいます。ページを読んでもらうポイントは「魅力的な体験」「簡潔で具体的な内容」を提示出来ているかどうかです。

ランディングページは役割が明確なホームページ
ランディングページは役割が明確なホームページ

ランディングページの役割は、伝えたい要点を瞬時に伝えて、目的地へ最短距離で誘導することです。そのために準備する側には、ユーザーがどのようなページからどのような目的でランディングページに訪れるかをストーリーとして持っていて、ピンポイントにユーザーが欲しがる情報を提供することが求められます。

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選