UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニア/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

WEBサイト制作のことなら、私たち台東区上野のWEB制作会社
株式会社ケイツー・インタラクティブにお気軽にご相談ください。

UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニア

 

フロントエンジニアという言葉を最近よく聞きますが、どんなことをしている人たちですか?

ユーザーがマウス操作などで直接さわる要素を制御する部分を構築するエンジニアのことを指します。

UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニア:目次

フロントエンジニアという言葉が出て来た背景

フロントエンジニアという職種は、一昔前はひとくくりにコーダーと呼ばれていました。コーダーはデザイナーが作ったデザインをHTMLやCSS、そしてjavascriptを使い忠実的、かつ汎用的に組み立てていくのが仕事でした。

最近になってフロントエンジニアという言葉が出て来たのは、スマートフォンの出現とフェイスブックやアマゾンなど巨大なWEBサービス会社をはじめとした、世界のエンジニアたちがAPIやライブラリの情報をオープンにしはじめたことが理由のひとつです。この動きは2006年のWEB2.0の流れから少しずつ始まりました。

フロントエンジニアの主な仕事

フロントエンジニアが使う主な技術はHTMLとCSS、そしてjavascriptです。会社によってはサーバーサイドのNode.jsやPHP、そしてSQLなど深いレイヤー部分(よりサーバーに近い場面での仕事)も求められることがあります。

フロントエンジニアの主な仕事は以下の4点です。

  • ・目的に沿ったUI(ユーザーインターフェイス)を考え設計する
  • ・デザインを忠実かつ汎用的に再現する
  • ・DB(データベース)から情報を受け取る(渡す)
  • ・検索エンジンを考慮したHTMLを記述する
目的に沿ったUI(ユーザーインターフェイス)を考え設計する

ディレクター・デザイナーと目的を共有して、どのようなUI(ユーザーインターフェイス)を実装したらいいか考え、実現の為の手法を摸索します。例えばスマートフォンのような小さな画面により多くの情報を見せていくには、どのような機能や動きをつければ効果的か?などを考えます。

デザインを忠実かつ汎用的に再現する

デザイナーが作ったページデザインを忠実かつ汎用的に再現します。制作に普段携わらない方にも、「忠実に再現」はイメージしやすいと思いますが、「汎用的に再現」がイメージしにくいかと思います。

汎用的に再現とは、例えば数千ページ、数万ページあるWEBサイトを、思い思いに各人がコーディングしていくとたちまち破綻してしまいます。コードをきちんとパーツ(モジュール)化するように設計し、ディレクター、デザイナーと共有することもフロントエンジニアの非常に重要な仕事です。

DB(データベース)から情報を受け取る(渡す)

WEBサービスの中にはAPIという仕組みを使い、自社の情報や技術を外部に開放していることがあります。このAPIサービスを利用して、開発効率を上げたり、自社では収集し得ない情報を受け取りページに反映させることで、ユーザーにとってWEBサイトの価値を一気に向上させることができます。

また、自社のDBからデータを受け取り表示させたり、ユーザーから情報を受け取りサーバーへ渡したりすることもします。

検索エンジンを考慮したHTMLを記述する

検索エンジンには大きく分けて内部施策と外部施策があります。このうちの内部施策、つまりのGoogleなどの検索エンジンと相性がいいHTMLの記述方法を理解していることも求められます。

フロントエンジニアに求められる主な仕事は以上の4点ですが、広範囲に及ぶ専門スキルが必要なため、人により得意分野が違います。

フロントエンジニアが使う主な技術

最低限押さえておきたい技術はHTMLとCSS、javascriptです。

HTMLについて

HTMLとHTML5、ホームページリニューアルの際によく聞く言葉かと思います。違いは何?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが実は同じものを指します。HTML4系がバージョンアップしたものがHTML5です。HTML4の時は一般的にHTMLと呼んでいました。

詳しくは『ホームページ制作に必ず使う言語HTMLのおさらい』をご覧ください。

CSSについて

CSSとCSS3、ホームページリニューアルの際によく聞く言葉かと思います。違いは何?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが同じものを指します。CSS2系がバージョンアップしたものがCSS3です。CSS2の時は一般的にCSSと呼んでいました。

詳しくは『ホームページのデザインを作るCSSとその効果』をご覧ください。

javascript

UI(ユーザーインターフェイス)に動きをつけるのがjavascriptの役割です。また、DB(データベース)から情報を受け取る、渡す処理もjavascriptを使って実現します。

詳しくは『身近な最新機器にも搭載されているjavascript』をご覧ください。

javascriptには便利なライブラリ(プログラムの素材集)がいくつかあります。中でも有名なのがjqueryです。

詳しくは『jqueryを使ってjavascript開発の効率化』をご覧ください。

UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニアのまとめ

UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニア、いかがでしたでしょうか?UI実装に強いフロントエンジニアが今のトレンドですが、今回ご紹介した4つのスキルをバランスよく使えるフロントエンジニアがWEB制作では非常に重要な存在です。私たちケイツー・インタラクティブはこの分野に非常に定評があります。

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニアに関連する記事

jqueryを使ってjavascript開発の効率化
UIをWEBサイトに実装するフロントエンジニア

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る