ランディングページは役割が明確なホームページ/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

WEBサイト制作のことなら、私たち台東区上野のWEB制作会社
株式会社ケイツー・インタラクティブにお気軽にご相談ください。

ランディングページは役割が明確なホームページ

 

ランディングページとかLPOという言葉をよく聞きますがランディングページとは何ですか?

ネット広告など外部のサイトからアクセスして来た際に意図的に表示させる、一つの商品やサービスを販売することが目的のページです。

ランディングページは役割が明確なホームページ

ランディングページは役割が明確なホームページ:目次

ランディングページとは

ホームページ業界では、一般的にランディングページとLPOはほぼ同義語で使われる傾向があります。本来はランディングページとLPOの意味合いは若干違っていて、Landing Page Optimization、つまりランディングページ最適化の頭文字をとってLPOと読んでいます。Landhing は文字通り着地を意味し、他のページからたどり着いたときに、ユーザーにとって最適なページを準備することの総称をランディングページやLPOと呼んでいます。

ランディングページの役割

ランディングページの役割は、伝えたい要点を瞬時に伝えて、目的地へ最短距離で誘導することです。そのために準備する側には、ユーザーがどのようなページからどのような目的でランディングページに訪れるかをストーリーとして持っていて、ピンポイントにユーザーが欲しがる情報を提供することが求められます。

ランディングページの作り方

技術面からホームページを作るという意味では、普通のホームページと違いはありません。しかしながら、明確な役割を持っているために、通常のホームページと比べてより強く押さえておかなければならない成功のためのポイントがいくつかあります。

また、ランディングページは単体では成り立ちません。着地前のページについても考慮する必要があります。そのため、着地前にある程度ユーザーをコントロール出来る広告(バナーやGoogleのリスティング広告、SNS広告など)からアクセスさせます。今回は広告については割愛して、ページを作る部分にフォーカスしてご紹介します。

広告と共通して考えること
相手(誰)とストーリーを決める

誰に向けて発信するかを考えます。年齢、性別から職業、居住地まで出来るだけ細かく設定します。例えば、『24歳の新卒社会人。外回りの営業職の男性で夜の帰宅は遅い。住まいは都心から1時間ほどの郊外、帰宅は深夜で就寝前に30分ほどスマートフォンでSNSを中心にネットサーフィンをしている。』などです。この架空人物を、もっともっと、綿密に設定します。

そうすることで、『夜遅い帰宅からの食事で、最近少し体重が増えた』という課題が見え、ユーザーは『この課題に刺さる何らかの広告を見て、ランディングページにアクセス』する、というストーリーが出来上がります。

ランディングページ制作時に考えること

どのような状態・経緯でユーザーがページにたどり着くかでランディングページでのアプローチは変わります。

伝えるポイントを絞る

例えば、多くの特徴を持つスポーツクラブ(フィットネスクラブ)だとしたら何を伝えたらいいか?以下のポイントを考えてみましょう。

  • 深夜もやっている
  • 女性限定コースあり
  • 最新機材常設
  • オリンピック候補選手所属
  • ガチなインストラクターとマンツーマン

このケースの場合『深夜もやっている』がポイントでしょうか。もちろん人によって趣向は多様ですが、上記で設定したターゲットの場合は『深夜もやっている』がニーズに合います。ここから、『一汗かいて快眠ダイエット』『仕事帰りにストレス発散ダイエット』など、コピーが決まって来ます。コピーの作り方については『キャッチコピーの作り方』も合わせてご覧下さい。

デザインファーストビューが大切

SNSやバナーなどの広告からたどり着いたときに、最初に目に入る画面を『ファーストビュー』と呼びます。この構成が成功の可否を大きく左右させます。理由はユーザーはほぼ一瞬で必要なページかどうかを判断するからです。ここで目を引くビジュアルとコピー、目的のページへの導線ボタンの3セットを配置してユーザーを引き止めます。

よけいな要素は配置しない。

ホームページは通常メニューなどのボタンが各ページ同じ場所に配置されていて、ユーザーが迷わないように設計されています。しかしながら、ランディングページの場合はよけいなリンクは全て削ぎ落とします。これは、閲覧中にページから離脱せずに目的のページへとユーザーを誘導するためです。

ランディングページは役割が明確なホームページのまとめ

ランディングページは役割が明確なホームページ、いかがでしたでしょうか?無造作にランディングページを制作するだけでは期待通りの成果を望むことは出来ません。ランディングページはターゲット・役割が明確にされていればいるほど目的達成の確率が上がるのです。ランディングページ制作前のターゲット設定とストーリー作りが成功の可否を握っていると言えます。

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ランディングページは役割が明確なホームページに関連する記事

コンテンツを魅力的に見せるレイアウト
ホームページ制作のデザインとプログラム
適切なカラー選定はホームページの成果につながる
フラットデザインはシンプルかつ大胆に
ランディングページは役割が明確なホームページ

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る