コンテンツを魅力的に見せるレイアウト/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

コンテンツを魅力的に見せるレイアウト

 

新商品の売り上げに期待しているのですが、商品(コンテンツ)を魅力的に見せるレイアウトはありますか?

ファーストビューにコピー(サブ要素)・画像・お問い合わせボタンがワンセットに収まるようにします。ポイントは大事なことを一つだけ伝えることに注力することです。

コンテンツを魅力的に見せるレイアウト:目次

ファーストビューについて

ファーストビューはホームページのデザインで最も重要な要素です。ホームページに訪れたユーザーは、一瞬でページの善し悪しを判断し、もし興味が無ければすぐにページを離れてしまいます。その大切な一瞬の表示で、ユーザーにとって有益な情報がきちんと掲載されている、というメッセージを伝えなければなりません。ポイントは「魅力的な体験」「簡潔で具体的な内容」を提示出来ているかどうかです。

レイアウトについて

ホームページのレイアウトに関して最も重要な役割を担うのはワイヤーフレームです。詳しくは『ホームページ制作の成功の可否を決めるワイヤーフレーム』をご覧ください。このワイヤーフレームをもとに、デザイナーはより見栄えがよく、使い勝手のよいデザインを作り出します。

レイアウトのポイント

画像とテキストの位置関係

画像は「テキストの(上)(右)(左)」に配置することが多いです。最も重要な要素は画像を上に大きく配置して、その下にテキストを配置します。スタンダードなものはテキストの左に画像が入るようにするといいでしょう。テキストの右に画像が入るものは挿絵のような、画像が無くても成り立つ重要度の低いときに配置します。

見出しとテキストの位置関係

文章には「見出し(大・中・小)」を用意しておきます。テキストとうまくまとめて見出しを添えるように心がけましょう。ホームページは長い文章は読まれにくいので、テキストは基本的に一段落につき200文字程度が、ホームページで読みやすい文章の目安となります。

文章量が多い場合でも、3段落に一度は見出しを挟むと読みやすいレイアウトになります。

目的へ誘導

お問い合わせや予約などホームページのゴールになるページへの誘導はとても大切です。ひとつのセクション(記事の固まり)が終わったらゴールで誘導するコピーを添えてボタンをセット設置しましょう。見出しの「大」毎に、もしくは「中」毎に、とパターンを決めてリズムよく配置すれば、ホームページ全体を通してユーザーに使いやすいレイアウトになります。

コンテンツを魅力的に見せるレイアウトのまとめ

コンテンツを魅力的に見せるレイアウト、いかがでしたでしょうか?デザインを含めたレイアウトは、目的やブランドイメージなど様々な要因がかさなり、なかなかパターン化することは難しいですが、このページでご紹介した手法は基本的にはどのようなデザインにも適用することが出来ます。御社のホームページをちょっと見直してみて改善してみてはいかがでしょうか?

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

コンテンツを魅力的に見せるレイアウトに関連する記事

jqueryを使ってjavascript開発の効率化
UIを実装するフロントエンジニア

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る