メディア戦略しっかりブランディングして御社の集客を支援します!

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

メディア戦略で集客支援

集客の成果を長期的に求めるには、自社(サービス)をきちんとブランディングしてファンを確実に増やすことが大切です。

ケイツー・インタラクティブのフレームワーク、ボーダレスマップを使い「オンライン」から「オフライン」へ効果的な導線設計をして御社のファンを増やします。

ファンを作る

サービスを差別化しブランディング

他社との差別化が難しく、つい価格競争の渦中に巻き込まれてしまう、よく聞くお話ですね。
しかし、本当にそのサービスは他社との差別化が出来ない物なのでしょうか?

答えは『NO』です。

強みは会社の歴史やアイデンティティ、そこで働くスタッフの情熱など探してみれば沢山あります。
まずは他社と差別化出来る『強み』を探して、それを言語化・具体化することが大切です。
お客様にきちんと御社の強みが伝われば必ずファンが増えるので、簡単には価格競争に巻き込まれません。

ファンとなる仮想ターゲットを創造

競合の分析・市場調査の結果から、御社を必要としているお客様は
『どこにいるのか?』『年代は?』『性別は?』『趣味・嗜好は?』・・・
等々、細かく分析します。

顧客属性がある程度分析出来たら、仮想のターゲットを作ります。
仮想のターゲットは一人で十分です。
本当に一人でいいの?と思うかもしれませんが、一人の方がいいのです。

私どもが提供するメディア戦略はマスメディアのように不特定多数のターゲットにアプローチするのには向きません。手当たり次第、多くの人に情報を発信したら、それは薄いメッセージになってしまいます。

たった一人にでも内容の濃いメッセージを伝えることが出来ればアプローチは成功です。
想定ターゲットと似た人間は意外と沢山いますので、まずは濃いメッセージを伝えたい人だけに伝える、これがとても大切です。

選ばれる為の環境分析

トレンドは様々な要因で変化するので、自社の置かれている環境をきちんと分析して対策を立てます。

内部分析をしてブランディング

限られた資源を最大限に活かすことで競合と戦わないポジションを見つけます。

外部分析をしてターゲティング

政治や社会の変化で自社の置かれる状況がガラッと変わることもあります。もちろん顧客の趣味思考は流動的ですので、マクロな視点でトレンドを見ながら将来のファンはどんな層なのかを分析します。

顧客の行動を促す4つの観点

サービスの分析

御社のサービスを一つひとつピックアップし「強み」や「課題」を抽出してコンセプトを立案します。伝わるコンセプトを軸にPR活動をし、より濃いブランドメッセージを伝えます。

価格と価値

御社がサービスの「価格」を決定して、顧客がサービスの「価値」を決定します。サービスに価格以上の価値があれば消費者は価格の割に安いと考え購入します。御社の「強み」、顧客の「課題」をしっかり分析して、価値が価格を上回るようサービスに付加価値を付けます。

接点とストーリー

サービスを提供する場と、そこまでの導線について再確認します。顧客との最初の接点は何処となるのか?そこからどのような経路でサービス提供の場へ顧客がやって来るのか?ストーリーをしっかり考えてからメディアを活用します。

メディアプロモーション

ストーリーを基に、それぞれのシーンにどのようなメディアを使ってどんな情報を提供するかを考えます。『ボーダレスマップ』は多額のコストをかけてメディアに露出することが難しい企業でも、限られた資源で最大効果を発揮出来るフレームワークです。ボーダレスマップを使い、最適なメディアとソリューションを検討します。

顧客をファンに変える

顧客の体験を基にPDCA

御社のサービスに高いモチベーションを持ってもらう為に、きちんとアフターフォローをして顧客をファンへと育成します。

PLAN 計画

アフターフォローの期間と具体的な目的を定めて計画に落とし込みます。

DO 実行

計画に基づいたアフターフォローを実施します。

CHEACK 評価

期間内に目的が達成出来たか?新たな課題が浮き彫りになってきたか?等を検証。成功事例と失敗事例を細かくチェック・評価します。

ACTION 改善

評価で浮き彫りになった問題点を課題としてまとめて、次の計画へと移行します。

ボーダレスマップの活用

メディア戦略の肝になるのがブランディングとファン獲得を目的としたフレームワーク『ボーダレスマップ』です。
『ボーダレスマップ』を活用すれば、オンラインからオフラインまでの全体導線をデザインし、効果的なソリューションを選定することが出来ます。

認知フェイズ

『ボーダレスマップ』で最初に実施するのは認知の為のブランディング施策です。
他社との差別化が難しい企業こそブランディングをきちんとして「キラリ光るメッセージ」を発信することで他社との差別化が可能になります。

選定フェイズ

実際に顧客がWEBサイトや店舗に来店してサービスを選定するフェイズです。認知の段階で、きちんとブランドメッセージが伝わっていると購入への行動を促すことが出来ます。

行動フェイズ

実際にWEBサイトで予約/購入、または来店して商品を購入するフェイズです。WEBサイトでは顧客がスムーズに購入出来るように、導線設計・メールフォームの見直しをします。

体験後フェイズ

商品/サービスを体験した顧客に対して『ファン』になるように働きかけるフェイズです。購入特典やイベントで顧客情報を獲得しアフターフォローを万全にしてリピーターやインフルエンサー(クチコミしてくれる人)へと育てます。

>>施策事例はこちら<<

メディア戦略とブランディングその他に関するお問い合わせ