ホームページ制作のデザインとプログラム/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページ制作のデザインとプログラム

WEBデザイナーはビジュアルだけでは無く、プログラムを書いたりすることが出来るのですか?

人や会社によります。大きな企業ではWEBデザイナーとプログラマーは分業しています。小さな会社の場合は兼業することもあるようです。

ホームページ制作のデザインとプログラム:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBデザイナーとは?

ホームページを制作するのに必要な知識を持ったデザイナーです。グラフィックデザインはもちろん、情報デザイン、デザイン工学の知識が必要な場合もあります。

WEBサイトは平面のみならず、動画やページ構成、大量の情報そして使い勝手のよい機能・UI(ユーザーインターフェイス)も考慮しなければなりません。それらをクライアント・ディレクターの意図を考慮して、画面におこしていきます。

場合によっては、HTML/CSS/Javascript/WordPressなどのコーディング領域まで手がけることもあります。

WEBプログラマーとは?

WWW(World Wide Web) で使われるプログラムを構築する人をWEBプログラマー(エンジニア)など、と呼びます。WEBプログラマーは、LAMPと呼ばれる環境でプログラムを構築することが多いです。LAMPはオープンソースの略称で、OSのLinux、WEBサーバーソフトのApache、データベースのMySQL、プログラムのPerl、PHP、Pythonを指し、その頭文字を取ったものです。LAMPはサーバーサイドにあり、通常ユーザーの環境とは離れた所で実行されます。

最近ではスマートフォンの普及などでクライアントサイド、つまりユーザー側で実行されるプログラムが注目されています。フロントエンジニアとよばれ、Javascriptを中心に、HTML/CSS/WordPressなどのコーディングをすることから、WEBデザイナーとの担当領域が緩やかに分かれるようになって来ています。

WEBデザイン・プログラムの両方できるメリット・デメリット

メリット

ホームページ制作全体を把握することが出来ます。一貫して最初から最後まで関わることが出来るので、ブレること無くスピーディーにプロジェクトを進めていくことが出来ます。

デメリット

幅広い知識がある分、専門分野の「深さ」で及ばない傾向にあります。

いずれにしても、個人の能力に依存する所もありますので一概に言い切れません。

ホームページ制作のデザインとプログラムのまとめ

ホームページ制作のデザインとプログラム、いかがでしたでしょうか?ケイツー・インタラクティブでは、WEBデザインからプログラムまで一貫して同じクリエイター請け負うことも出来ます。もちろん、専門チームを組んで対応することも可能です。

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームページリニューアルのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページ制作のデザインとプログラムに関連する記事

ホームページに掲載するための写真

ホームページでは扱う写真のクオリティの差がそのままホームページのデザインの差になるケースが増えてきました。これは通信速度の向上が大きな要因としてあげられます。ホームページの目的は何か?ポイントを押さえて容量の大きい『キメの写真』と、容量の小さな『添える写真』、情報として『伝える写真』を使い分けて、相対的にクオリティーの高いホームページを作っていくことを目指しましょう。

キャッチコピーの作り方

商品やサービスの特徴を伝えるためのインパクトがあり、消費者の心を捉えるのに適した言葉の総称をキャッチコピーと言います。日本では80年代頃から注目され、それまで商品の説明に重点を置いていた広告媒体が、商品が作り出す空気(世間の反応)に注目するようになり、伝搬(今でいうクチコミ)するのに適した言葉を多く広告に採用するようになりました。

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選