インバウンド対応するWEBサイト担当者に役立つ/インバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

インバウンド対応でWEB担当者が実践したい施策 [質問箱 (FAQ)]

最近テレビやネットでインバウンドって言葉を見かけますが、インバウンドって何ですか?

インバウンドとは最近テレビやネットで見かける範囲では、訪日外国人に対する観光事業全般をぼんやりと括った言葉くらいに捉えておくといいでしょう。

この質問に関連する記事

ホームページは世界中で見れるので、言語対応していれば大丈夫?

海外の方にホームページを見てもらいたい場合、言語対応は最も重要な要素のひとつです。しかしながら、国や文化によって『色に対する印象』や『伝えるべき情報』は違います。伝えたい国や地域によって、可能な限り見せ方や伝える情報に変化をつけることをおすすめいたします。

この質問に関連する記事

インバウンド対応でホームページには何を掲載すればいいですか?

ホームページは海外に日本の魅力を発信する大事なツールです。どこの文化圏に向けて情報発信するかで違いはありますが、まずは日本の風土・文化、地理を伝えましょう。日本には四季がありますので、季節によって見どころや風景が変わることには注意いしましょう。

この質問に関連する記事

インバウンド対応でホームぺージを英語表記にするにはどうすればいいですか?

観光業に強いネイティブ翻訳者に依頼するのがベストですが、予算によって様々な対応方法があります。

この質問に関連する記事

多言語対応したホームページを用意しましたがユーザーは見てくれますか?

インバウンド対応の情報発信で多言語対応したホームページの公開はあなたのサービスへの入り口です。次に入り口となるホームページに気づいてもらう、興味を持って入ってもらう、というアクションを促す施策を考えましょう。

この質問に関連する記事

インバウンド対応で海外に情報を発信するにはクチコミが効果があると聞きましたが具体的には何をすればいいですか?

訪日外国人に対して満足度の高いサービスを心がければ、自然とポジティブな印象でクチコミされます。クチコミサイトを利用すれば良いクチコミが広がるばかりでなく、ネガティブな評価に対しては改善の参考材料になります。

この質問に関連する記事

インバウンド対応で多言語展開は多大な労力が必要ですが、他に有効な手段ってありますか?

言葉で伝えなくてもいい非言語コミュニケーションを採用すれば、テキスト翻訳の負荷を減らすことが出来ます。

この質問に関連する記事

SNSを使って、インバウンドプロモーションは出来ますか?

ひとつのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)だけでインバウンドプロモーションを完結するのは難しいです。複数のWEB / SNSメディアを組み合わせて相乗効果が出るようにインバウンドプロモーションの設計をしましょう。

この質問に関連する記事

海外向けWEBサイトってどうやって作るの?

既存のWEBサイトを海外向けに展開したい時に、ほとんどのケースで一番最初に意識するのは言語です。海外向けにサイトを作る際に多言語・特定言語どちらであるかに関わらず共通して注意する必要があること柄をご紹介します。

この質問に関連する記事

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページ制作!インバウンド対応時に 9つ のノウハウ

インバウンド対応での多言語WEBサイト制作
インバウンド対応での多言語WEBサイト制作

インバウンド対応での多言語翻訳は翻訳作業に入る前に、訪日外国人にどの情報をどれくらいの量伝えるか?を決めてホームページを再構成する作業が必要です。このぺーじでは、自動多言語翻訳サービスの紹介もしています。翻訳サービスを比較しつつ、あなたのインバウンド対応に最適な多言語翻訳施策をご紹介いたします。

インバウンド対応のプロモーション設計
インバウンド対応のプロモーション設計

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計は、人の流れを俯瞰して観ながらインバウンドプロモーション全体像を設計することが基本です。また、インバウンド発信に有効な海外インターネットメディアをジャンルごとにまとめています。それらのインターネットメディアを組み合わせて実施できるフレームワークもこのページに掲載しています。

インバウンド対応では情報量の多い動画が有効
インバウンド対応では情報量の多い動画が有効

インバウンド対応での多言語展開は人材確保や工数の観点からもかなりの制作コストがかかります。対応言語を絞ることはもちろんですが、ビジュアルを積極的に採用することで情報が伝わることもあります。誰もが共通した認識を持てるアイコンは積極的に採用しましょう。またテキストが不要な動画は情報量も多くより深い情報を相手に伝えることが出来るので有効です。

インバウンド集客

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選