インバウンド対応するWEBサイト担当者に役立つ/インバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

インバウンド対応でWEB担当者が実践したい施策

インバウンド対応時のホームぺージ制作でWEB担当者に必要な知識

近年爆発的に増えている訪日外国人。ホームページ制作を含めてインバウンド対応に本格的に力を入れよう!と考え始める企業様も増えてきています。

インバウンド対応時に訪日外国人を集客する上で、自治体をはじめとした観光事業者のWEB担当者に役立つホームページ運営施策を紹介していきます。

  • 日本を紹介するWEBメディア、海外で見られているの?
  • ホームページは多言語化すれば大丈夫?
  • 海外SEO対策は国内向けのSEO対策と違うの?
  • 写真はどんなの掲載すればいいんだろう?
  • ホームページのデザインって変えた方がいいの?

インバウンド対応時のホームページ運営は、熟練したWEBサイト担当者にとっても初めての経験が多いはずです。インバウンド対応時のホームぺージ運営は、これまでのホームページ運営と比べて、どんなコトに気をつけたらいいのか?を一緒に見て行きましょう。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームページ制作!インバウンド対応時に 9つ のノウハウ

インバウンド対応での多言語WEBサイト制作
インバウンド対応での多言語WEBサイト制作

インバウンド対応での多言語翻訳は翻訳作業に入る前に、訪日外国人にどの情報をどれくらいの量伝えるか?を決めてホームページを再構成する作業が必要です。このぺーじでは、自動多言語翻訳サービスの紹介もしています。翻訳サービスを比較しつつ、あなたのインバウンド対応に最適な多言語翻訳施策をご紹介いたします。

インバウンド対応のプロモーション設計
インバウンド対応のプロモーション設計

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計は、人の流れを俯瞰して観ながらインバウンドプロモーション全体像を設計することが基本です。また、インバウンド発信に有効な海外インターネットメディアをジャンルごとにまとめています。それらのインターネットメディアを組み合わせて実施できるフレームワークもこのページに掲載しています。

インバウンド対応では情報量の多い動画が有効
インバウンド対応では情報量の多い動画が有効

インバウンド対応での多言語展開は人材確保や工数の観点からもかなりの制作コストがかかります。対応言語を絞ることはもちろんですが、ビジュアルを積極的に採用することで情報が伝わることもあります。誰もが共通した認識を持てるアイコンは積極的に採用しましょう。またテキストが不要な動画は情報量も多くより深い情報を相手に伝えることが出来るので有効です。

WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点
WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点

WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点は、掲載内容を保ちつつも現地のニーズや流行を取り入れることが成功の鍵になります。特に、日本語を直訳しただけの翻訳サイトを作ることはお勧めしません。表現ひとつとっても現地で魅力的な言い回しがあります。市場調査から最終的にはネイティブチェックをしてサイトを公開するのが良質な多言語サイト構築の流れです。

インバウンド集客

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選