ホームぺージ制作の効率上げるライブラリ/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームぺージ制作の効率上げるライブラリ

ホームページリニューアルの際に、開発はライブラリーを使うことになりましたが、ライブラリってなんですか?

(正確には違いますが制作の方でなければ、)プログラムが途中まで書いてありシステムの開発効率を上げるプログラム群、とイメージしていればなんとなく正解です。

ホームぺージ制作の効率上げるライブラリ:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

プログラムのライブラリとは?

プログラムのライブラリとは、汎用性の高い再利用が可能なプログラム集です。プログラムの部品が沢山ライブラリに記述してある、といったイメージが近いです。

WEBサイト周りでは、最近フロントサイドエンジニアリングの分野で非常に注目されています。WEBブラウザ間の実装差異を吸収してくれたり、プログラムからHTMLへのアクセスが省略出来たりと、制作効率を上げるモノから、独自仕様のプログラムでWEBの技術を応用してネイティブアプリケーションを作れるものまであります。

ライブラリとフレームワークの違い

よく混同されてしまうものに、フレームワークがあります。ライブラリが部品の集まりに対して、フレームワークはソフトウェアのひな形です。プログラムの骨格が予め用意されていて、そこにプログラムの記述を肉付けしていくイメージです。

ライブラリのメリットとデメリット

ライブラリのメリット

ライブラリを利用するには、プログラムの本体にプログラムの部品(ライブラリ)を取り込むためのプログラムを記述します。若干の記述のみで取り込めるので、プログラムの部品を作る手間が省け、作業効率を格段に向上させることが出来ます。

ライブラリのデメリット

ライブラリ利用の前提として、ライブラリは汎用性に富んでいますが、細かな調整や複雑な組み合わせを必要とする場合それなりにプログラムを記述しなければなりません。ライブラリを利用するよりも一から組み立ててしまった方が効率がいい場合があります。

また、わずかなプログラム処理をライブラリに実行させるのも効率がよくありません。

ライブラリの紹介

ホームぺージ制作の現場に、「こんな感じのライブラリがあるんだなぁ」というくらいに、こちらの紹介をご覧ください。

javascriptのライブラリ

javascriptはクライアントサイドで実行される古くから使われているスクリプト言語です。

Jquery

2006年頃から広まり始めた、最も多く使われているライブラリです。Jqueryはjavascriptのスタンダードなライブラリと言っていいでしょう。(2018年1月時点)

React

facebookが提供しているライブラリです。facebookのUIなどが参考事例ですが、「大規模なサイトを管理する」「高速で処理を実行する」のに向いています。

Angular.js

Google と有志の個人、企業とで作られているjavascriptフレームワークです。ライブラリとは若干意味合いが違いますが、作業効率を向上させるプログラム群ということで事例に挙げました。WEBアプリ開発などにも向いています。

PHPのライブラリ

PHPはサーバーサイドで実行される、ホームぺージで最も利用されるスクリプト言語のひとつです。習得が比較的容易なのが特徴としてあげられます。

pChart

ホームぺージにグラフを表示するときに便利なライブラリです。様々な種類のグラフが用意されているので便利です。また、グラフを画像で表示しないので、ユーザーの何らかのリクエストに対して変化させることも可能です。

Upload

画像などのファイルをアップロードするのに必要な処理を実行してくれます。ファイルのサイズや種類などを指定することも可能です。

サーバーサイドとクライアントサイドについては是非『ブログもメールフォームもPHPで作れる!』もご覧ください。

ホームぺージ制作の効率上げるライブラリのまとめ

ホームぺージ制作の効率上げるライブラリ、いかがでしたでしょうか?ライブラリがどんな役割をしているのか、大凡の概要を掴めたらと思います。実際にはどのようなライブラリを使用して、どのように組み込んでいくか?は、専門家でないと取捨選択が困難です。

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームページリニューアルのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームぺージ制作の効率上げるライブラリに関連する記事

ホームページに掲載するための写真

ホームページでは扱う写真のクオリティの差がそのままホームページのデザインの差になるケースが増えてきました。これは通信速度の向上が大きな要因としてあげられます。ホームページの目的は何か?ポイントを押さえて容量の大きい『キメの写真』と、容量の小さな『添える写真』、情報として『伝える写真』を使い分けて、相対的にクオリティーの高いホームページを作っていくことを目指しましょう。

キャッチコピーの作り方

商品やサービスの特徴を伝えるためのインパクトがあり、消費者の心を捉えるのに適した言葉の総称をキャッチコピーと言います。日本では80年代頃から注目され、それまで商品の説明に重点を置いていた広告媒体が、商品が作り出す空気(世間の反応)に注目するようになり、伝搬(今でいうクチコミ)するのに適した言葉を多く広告に採用するようになりました。

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選