CMSの機能を紹介してCMSツール導入支援

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

CMSツール導入支援

御社のWEBサイトはきちんと運用出来ていますか?WEBサイトを公開してもHTMLが判らない、制作会社に発注するのが煩わしい、それらの理由で更新をしないケースがあります。折角公開したWEBサイトですので、CMSを活用して積極的に更新して見込み客をを増やしませんか?

CMSを導入したらどうなるの?

CMSとは?

WEBサイト担当者の中には、「CMSはよく聞くけど実際どのようなものかわからない。」そんな方も多いのではないでしょうか?

CMSとはContent Management Systemの略称で、要約するとコンテンツ管理システム、つまりWEBサイトの中身(テキストや画像)を管理するシステムのことです。システムと聞くと「複雑なIT技術を駆使しなければ利用できない」、そんなことを連想されてしまう方もいらっしゃいます。WEBサイトの運用目的によっては複雑なツールもありますが、ほとんどの場合はブログを更新する知識があれば問題無く利用できます。

CMSの効果

CMSを導入するにあたりメリット・デメリットは予め確認しておく必要があります。

CMSのメリット
  • だれでもかんたんに更新できる
  • 権限付与で担当ごとに役割を作れる
  • 検索エンジンと相性がいい(1
クオリティー

決められたフォーマットがあり誰でも更新が可能ですが、デザインクオリティーはWEBサイト全体を通して一定に保つことが出来ます。

ユーザナビゲーション

ページが増えた時に各所に設置してあるナビゲーションやリンクの整合性が自動的に取れるのでリンク切れや人力でのチェックは必要ありません。

コンプライアンス

内製可能なシステムなので運用方針をあらかじめ定めておけば、会社の顔としてきちんとWEBサイトが機能します。

CMSのデメリット
  • 運用初期段階の学習コスト
  • 初期設計が後の運用に影響
  • 初期費用が高価(1

1:システムによる

CMSツール導入に関するお問い合わせ

CMS導入の際に気を付けること

用途・グレードについて

CMSツールには無料のものから数千万のものまで様々なグレードのものがあります。用途や規模によって適しているCMSが異なります。まずは用途を明確にして予算に応じたものを選定するといいでしょう。

また、無料のCMSツール導入の際にも、ほとんどのケースでカスタマイズが必要になります。

セキュリティーについて

セキュリティーに関しては主にサーバー会社さんの範疇になることが多いです。しかしながらCMSツールによっては外部からデータベースへアクセス出来てしまうものがあります。そのようなCMSツールは定期的にバージョンアップしているので、必ず最新版にてご利用いただくことをおすすめしております。

そのような理由から、最近ではデータベースに直接アクセスしてページを表示するタイプではないCMSツールが見直されています。テストサーバー上でCMSツールを使用しWEBサイト用ファイルを作成して、表示に必要なファイルだけ本番環境に転送する運用方法です。

運営者の作業について

制作にあたって

もしテキストや画像が無い場合はご自身で準備いただくか、制作会社に依頼して取材をしてもらい素材を準備をします。どのような素材が必要かはWEBサイトの目指すゴールによります。

運用について

CMSツールは基本的な概念はそれぞれ共通していますが、独自のユーザーインターフェイスを持っています。基本的に直感的に更新出来るようになっていますが、細部については操作方法を覚えなければなります。事前に操作マニュアルなどのドキュメントを依頼しておくことをおすすめいたします。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

CMSツールの種類と特徴

Movable Type

Movable Typeの特徴はCMSで記事をアップするときにHTMLを生成することで、このファイルは一般的に静的ファイルと呼ばれています。HTMLが出力されているのでユーザーがページに訪問した際にプログラムで表示内容を生成する必要が無いので表示の負担が少なく、アクセスが集中しても重くなりずらいメリットがあります。

データベースに万が一トラブルがあった場合でも、HTML(静的ファイル)が別にサーバー内に保存されているため直ちに影響が出ることはありません。

CMSツールはWEBサイトと別の場所(ディレクトリ)にインストールすることが可能でセキュリティー面でも安心して使うことができます。
CMSとWEBサイトをサブドメインで分けて利用することもできます。

Movable Type公式サイトを見る

個人で開設する趣味のブログなどの場合は無料
その他は有償になります。詳しくはMovable Type公式サイトでご確認ください。

WordPress

WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームで、無料でダウンロードして使うことができます。
個別WEBサイトに対応する開発費用は別途発生します。

動的でファイルを生成する為、ユーザーが訪問するたびにページの内容をプログラムで変更することが可能です。
例えば、コミュニティーサイトや、レコメンド機能など、ユーザーによってページに表示する内容が違う場合でも対応することが出来ます。

また、オープンソースのCMSツールで世界中のエンジニアが開発に関わっているので常にアップデートされています。

WordPress公式サイトを見る

GPL ライセンス:無償ライセンスと解釈しても問題ないです。
GPL ライセンスについてはWP-Dさんのサイトで詳しく解説されています。

NEWS WRITER

『NEWS WRITER』は簡単に言ってしまえば最新情報のみを更新する為のCMSツールです。

余計な機能がついていないからシンプルで操作が簡単で、もしシンプルに最新情報のみをWEBサイトで更新したい場合は、『NEWS WRITER』はあなたにとって最適なツールになります。

NEWS WRITERを見る

ケイツー・インタラクティブのソリューション
スペック等詳細についてはNEWS WRITERをご覧ください。

CMSツール導入に関するお問い合わせ

CMSに関するQ&A

CMSツール機能と種類、WEBサイト制作に関するお問い合わせ