ミニマルデザインはシンプルだから伝わる/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

ミニマルデザインはシンプルだから伝わる

 

ミニマルデザインという言葉をWEB関係のホームページで見つけましたが、ミニマルデザインはよく使われる手法ですか?

フラットデザインと同じ文脈で語られることが多く、機能や要素を最低限に絞り、余白を活かしたデザインです。必ずしも使われるデザインではありませんが2018年1月現在はトレンドの一つとなっています。

ミニマルデザインとは

ミニマルデザインは装飾を極限まで削りつつ、機能・役割をきちんと果たす高度なデザインです。2018年現在、ミニマルデザインを取り入れるホームページを多く見かけるようになりましたが、デザイン力の無いデザイナーがトレンドに任せて採用してしまうと、全く効果の出ないホームページが出来上がってしまいます。採用についてはよく検討することをオススメいたします。

ミニマルデザインのメリット・デメリット

ミニマルデザインのメリット

余計な装飾が無い分、「伝えたいものが何か?」がクリアに浮かび上がります。ホームページの掲載要素そのものがアイキャッチになるために、製品の写真を見せるのに大変向いています。余計なものがないシンプルな分、伝えたいものがよりダイレクトに伝わります。

ミニマルデザインのデメリット

ポイントを明確にするメリハリのデザインであるために、テキストを熟読させるのに不向きです。例えばニュースサイトのようなホームページに採用するのは向きません。

私たちに身近なミニマルデザイン

『禅』はよくミニマルデザインの究極の形として紹介されます。Appleの創業者、スティーブ・ジョブズも禅を好み来日していたことで知られています。余計な装飾を施さないシンプルなデザインは禅寺を訪れる人たちを魅了し続けています。

禅寺だけではなく、日本の伝統的な建築物には余計な装飾が少なく、『間』つまり『余白』が程よく取り入れられています。程よい余白は、床の間に添えられた花が引き立つ、というような惹きたてたいものをより良く魅せる演出をすることが出来ます。

総称としてのミニマルデザイン

このように、ミニマルデザインとはホームページをはじめとした、グラフィックのみに採用されている訳ではなく、建築物の中にいる居心地、『禅』のような心理的な要素のミニマル化まで、及ぶ範囲はとても広くひとつの原理のようなものです。

ホームページであれば、バックグラウンドで動いているシステムにまでその概念の影響範囲は及びます。

ミニマルデザインはシンプルだから伝わるのまとめ

ご紹介したように、ミニマルデザイン自体は原理のようなものなので、この言葉にこだわる必要はありません。大切なことはホームページの目的は何か?を明確にして、不要なものをどんどん切り離していくことです。そうすればミニマルであることを意識しなくても、シンプルで伝わるホームページを作ることが出来ます。

ホームページのリニューアルに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ミニマルデザインはシンプルだから伝わるに関連する記事

ホームページ制作のデザインとプログラム
適切なカラー選定でホームページの成果につなげる
フラットデザインはシンプルかつ大胆に
ランディングページは役割が明確なホームページ

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る