インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信:目次

自治体の観光PRやインバウンド対応に!観光アプリ SpotNavigator

全ての観光事業者様のための観光WEBアプリ SpotNavigator

SpotNavigatorは、観光客が今いる場所からかんたんに次の目的地を見つけることができる観光WEBアプリです。写真と地図で情報を伝えるので、訪日外国人にも地域の魅力をもっと伝えたい!とお考えの自治体、旅行業者、観光協会などの観光事業者様にピッタリな観光WEBアプリです。

ホームページで訪日旅行者が求める情報発信

インバウンド対応での情報発信を考えるときに気をつけたいのは、訪日旅行者が訪日前と訪日中でホームページに求める情報が違うということです。

現地で使うツールなのか?自宅で閲覧する媒体なのか?まずは両者の違いを理解しつつ、誰に何をどのタイミングで発信するか?を明確にしてホームページで情報発信しましょう。

[インバウンド対応POINT] 訪日前の旅行者への情報発信

旅行者が訪日前にホームページで知りたい情報は「滞在地」と「宿泊施設」です。このタイミングで旅の骨格が決まります。そして目的地と目的地をどのようにつないで「移動するか?」を多くの訪日旅行者が事前に決めたいと思っているのです。

訪日前の旅行者へのホームページでの情報発信は移動と滞在をイメージできるよう心がけましょう。

訪日旅行者がホームページを見るタイミングごとに情報発信の内容を検討

インバウンド対応において、訪日外国人に季節の催しについてホームページで情報発信することは重要です。しかしながら、旅を決めるタイミングは国や地域によって異なることに気をつけなければなりません。

例えば、アメリカならば120日くらい前、タイなら一年くらい前、比較的近隣地域であればひと月前位から旅の予定を決める傾向があるとのデータがあります。季節の情報を掲載する際は、対象地域の訪日旅行者が情報取得するタイミングも考慮して掲載するといいでしょう。

[インバウンド対応POINT] 訪日中の旅行者への情報発信
インバウンドツールとして使うホームぺージ

訪日中の旅行者はホームページを閲覧するだけでなく、ホームページをツールとして使うことが重要な違いとしてあげられます。具体的には、スマートフォンを使って今いる場所から「何処へ行こう?」「何をしよう?」と検索して情報を得て行動を起こすことが大きな違いです。

インバウンド対応で「無料Wi-Fi」スポットは訪日旅行者が最も欲しい情報のひとつ

インバウンド対応で特に訪日中に旅行者から求められる情報は「無料Wi-Fi」スポットの場所です。移動中GPSやホームページを活用して次の目的地へ行こうとしても、インターネット環境に接続出来なければ情報を取得することが出来ません。

あなたが提供したい情報と一緒に「無料Wi-Fi」スポットの情報も合わせて提供すれば喜ばれるかもしれません。その他にも「交通手段」や「ATM」の場所を伝える情報は重宝されます。

インバウンド対応のホームページはFAQが大事なツール

何故インバウンド対応でFAQでの情報発信が重要か?

ホームページの「FAQ」とは「よくある質問」のことで、インバウンドに限らずインターネットやSEO(検索エンジン)とは相性がいいコンテンツです。理由はインターネットで問題解決するために検索するユーザーが多くいるからです。

ホームページのFAQでの情報発信は、課題と解決方法が上手くまとめられ、インバウンド対応のみならずSEO対策にも有効です。

FAQでの情報発信が役立つのは、訪日外国人にとっても例外ではありません。来日前の不安は国内ユーザーよりも大きいはずです。予め予想される質問事項をホームページのFAQからの情報発信すれば、訪日外国人の不安を和らげることが出来るので積極的な掲載をおすすめいたします。

FAQを使ったインバウンド対応の成功事例

ホームページのFAQで成功した事例として、箱根の旅館がよくあげられます。『開始5か月で自社サイト予約が2ケタ増に』など、凄い成功事例もあります。これは単純にホームページのFAQだけではなく、AIを使った「Oracle Service Cloud」というクラウドサービス(AI)があっての成功事例ですが、それを除いてもFAQで一定の効果があることは想像できます。

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信のまとめ

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信、いかがでしたか? 訪日外国人のホームページ閲覧タイミングによっても用途が随分と変わり、タイミングのニーズに合わせた情報発信が大切だとわかりました。

訪日外国人がどのタイミングでホームページを閲覧するかを考慮して情報発信することはとても大切です。『何を』『誰に』が決まったら、実際に対象地域の調査をしてみましょう。そして『いつ』利用するのか?も想像し、インバウンド対応のホームページを制作してみてください。

私たちはインバウンド対応に強いホームぺージ制作会社です。あなたのインバウンド対応でのお手伝いが出来る日を、楽しみにしています。ご不明な点はいつでもお気軽にこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

インバウンド対応のご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

自治体の観光PRやインバウンド対応に!観光アプリ SpotNavigator

全ての観光事業者様のための観光WEBアプリ SpotNavigator

SpotNavigatorは、観光客が今いる場所からかんたんに次の目的地を見つけることができる観光WEBアプリです。写真と地図で情報を伝えるので、訪日外国人にも地域の魅力をもっと伝えたい!とお考えの自治体、旅行業者、観光協会などの観光事業者様にピッタリな観光WEBアプリです。

自治体・観光事業者向けWEBアプリ - SpotNavigator -
インバウンド集客PR

インバウンド需要を取り込むホームページの情報発信に関連する記事

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計
インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計

インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計は、人の流れを俯瞰して観ながらインバウンドプロモーション全体像を設計することが基本です。また、インバウンド発信に有効な海外インターネットメディアをジャンルごとにまとめています。それらのインターネットメディアを組み合わせて実施できるフレームワークもこのページに掲載しています。

インバウンド対応で有効な非テキスト情報
インバウンド対応で有効な非テキスト情報

インバウンド対応での多言語展開は人材確保や工数の観点からもかなりの制作コストがかかります。対応言語を絞ることはもちろんですが、ビジュアルを積極的に採用することで情報が伝わることもあります。誰もが共通した認識を持てるアイコンは積極的に採用しましょう。またテキストが不要な動画は情報量も多くより深い情報を相手に伝えることが出来るので有効です。

WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点
WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点

WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点は、掲載内容を保ちつつも現地のニーズや流行を取り入れることが成功の鍵になります。特に、日本語を直訳しただけの翻訳サイトを作ることはお勧めしません。表現ひとつとっても現地で魅力的な言い回しがあります。市場調査から最終的にはネイティブチェックをしてサイトを公開するのが良質な多言語サイト構築の流れです。

インバウンド集客

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選