インバウンド対応での多言語サイト制作/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

インバウンド対応での多言語サイト制作

 

インバウンド対応でホームぺージを英語表記にするにはどうすればいいですか?

観光業に強いネイティブ翻訳者に依頼するのがベストですが、予算によって様々な対応方法があります。

自治体・観光事業者様のインバウンド集客はこちらでご覧いただけます。

インバウンド対応での多言語サイト制作

インバウンド対応での多言語サイト制作:目次

ホームページを多言語翻訳する際注意点すること

インバウンド対応でホームページを多言語翻訳する際に注意することは沢山ありますが、代表的な検討すべき点をいくつかご紹介します。

ホームページの情報掲載量

現在公開しているホームページをインバウンド対応のために多言語展開する際、「全ての情報を掲載するのか?」「一部の情報を掲載するのか?」でホームページの構成は違います。インバウンド対応のホームページでは旅行者に必要の無い情報は極力掲載を控えてシンプルに構成し、使いやすくすることをおすすめします。

ホームぺージの構成をシンプルにした上で、食材の魅力、地域の魅力などの観光情報はより深く、好奇心が高まるように詳細な情報をホームページには掲載するといいでしょう。

ホームぺージに少量の情報を掲載する場合

現在公開中のホームぺージの情報を一部のみ海外向けに公開する場合、少し長くなるくらいであれば1ページにまとめてしまうの有効な方法です。ユーザーがホームページから一気に必要な情報を取得することが出来ます。

ホームぺージに全ての情報を掲載する場合

現在公開中のホームぺージの掲載情報の優先順位が『訪日外国人にとって親切かどうか?』を検討してみましょう。多くの場合国内向けに構成されているので、訪日外国人必要な情報にたどり着けないことがあります。

その場合は、ホームページを再構成た上で、多言語翻訳をすることをおすすめいたします。

多言語展開のホームページドメイン
サブドメインを利用したホームページ

ホームページの少量の情報を1Pにまとめて掲載する場合、サブドメインが有効な場合があります。その際に気をつけた方がいいドメインは「.jp」や「.co.jp」などです。これらのドメインは日本以外の国では馴染がありません。例えば https://www.xxxxx.co.jphttps://engligh.xxxxx.co.jp のような場合です。 世界的になじみ深い「.com」ドメインであれば、サブドメインでも違和感が無いでしょう。

.com ドメインについて

一般に開かれたドメインである。どんな個人や団体でも登録することを許される。当初は営利目的の企業体による使用を目的としていたが、いくつかの理由で、ドメイン名の中の「主な」TLDとなり、現在では非営利的団体・学校・個人などを含む様々な実体によって使われている。サイバースクワッティングの防止のため、申請者がドメイン名登録しようとしている名前に関する正当な権利を証明できない場合、ドメイン名登録ができないことがある。.comドメインは、当初はアメリカ国防総省が管理していた。

参考:Wikipedia

ホームページ自動翻訳サービスを比較

インバウンド対応時、ホームページ多言語化の自動翻訳サービス利用が増えてきています。自動翻訳サービスの多くは数行のコードを現在公開されているホームページのHTMLに埋め込むタイプです。以下に代表的なサービスをご紹介いたします。

Google 翻訳

Google 翻訳

予算的にも工数的にも一番手軽に導入できるのがGoogle APIを使った翻訳サービスです。

WOVN

WOVN

日本の大手企業を含めた、1万2千(2018年11月時点)を超えるウェブサイトに実装されている信頼ある翻訳サービスです。

  • 利用料金: 一部無料
  • 対応言語: 38か国
  • オプション: 人力翻訳
  • 詳しくはWOVN公式サイトをご覧ください。
Myサイト翻訳

Myサイト翻訳

古くから翻訳ソフトを手掛けている会社です。本サービスも多くの自治体に採用の実績があります。

WEB-Transer@ホームページ

WEB-Transer@ホームページ

Yahoo!翻訳、Infoseek マルチ翻訳、So-net翻訳にAPIを提供している会社の翻訳サービスです。日本在住外国人向けホームページ翻訳サービスで自治体向けに展開しています。

インバウンド対応での多言語サイト制作のまとめ

インバウンド対応での多言語サイト制作、いかがでしたか? 今あるホームページの情報を多言語翻訳するだけでは、訪日外国人には「伝わらない」「届かない」情報も多いです。

インバウンド対応では、訪日外国人に、どの情報をどれくらいの量伝えるか?を決めてホームページを再構成する作業が必要です。

今回、自動多言語翻訳サービスをいくつか紹介しました。しかしながら、もし予算に余裕がある場合は、『ネイティブの翻訳者に翻訳してもらい、それをその言語に精通した日本人にチェックしてもらう』この方法が最も伝わる翻訳手法です。

私たちはインバウンド対応に強いホームぺージ制作会社です。あなたのインバウンド対応でのお手伝いが出来る日を、楽しみにしています。ご不明な点はいつでもお気軽にこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

自治体・観光事業者向けWEBアプリ - SpotNavigator -
インバウンド集客PR

インバウンド対応での多言語サイト制作に関連する記事

文化の違いに注意!インバウンド対応ホームページ制作
インバウンド対応でホームページに掲載したい情報
インバウンド対応での多言語サイト制作
インバウンド対応で役立つSNS起点のプロモーション設計
インバウンド対応で使えるクチコミサイト

インバウンド集客

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る