Googleパンダアップデートについて/台東区のWEB制作とインバウンド集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

Googleパンダアップデートについて

 

Googleのパンダアップデートって聞いたのですがそれって一体何ですか?

日本では2012年7月に導入された、Googleの検索アルゴリズムのアップデートの呼称です。

Googleパンダアップデートについて:目次

パンダアップデートについて

これまでSEO(検索エンジン)対策では、大量被リンクや大量ページを持つサイトが高評価を受けてきました。このことから、意味の無いホームぺージからの大量被リンクや、中身の無い大量のページを持つホームぺージが増えてきました。

これらのSEO(検索エンジン)テクニックはスパム行為(違反)と呼ばれ、低品質のページや、大量コピーのページ、また関連性の無いホームぺージからの被リンクは評価の対象外になりました。

パンダアップデート(Googleアルゴリズムの変更)は、この一連の動きに影響しています。

検索エンジンから高評価のポイント

検索エンジンから高評価のポイントは、シンプルにユーザー目線でホームページについて考えるということです。

コンテンツの内容を重視

Googleは中身が充実しているページを高く評価するようになりました。

独自性と専門性が高いページを高評価

専門性が高くユーザーの求める内容が掲載されているかを評価します。

専門性の高い外部サイトからの被リンク

専門性の高いホームぺージからリンクされているページはやはり専門性が高いページとみなされ評価されます。

ソーシャルメディアで共有されている

ソーシャルメディアではユーザーにとって有用なページがシェアされることが多いです。このことからソーシャルメディアでのシェアも評価対象になりました。

コンテンツ内容が重複しない

大量にページがあるだけでホームぺージ評価されることは無くなりました。コピーして一部を変更しただけのホームぺージはペナルティーの対象となります。

パンダアップデートとアルゴリズム

Googleは絶えずアルゴリズムをアップデートしています。アップデートはペナルティーのリスクではなく、まっとうなホームぺージ運営をしていれば自然と高評価を受けると捉える方が正解です。また、2013年3月以降アップデートは通常アルゴリズムとなり、手動から自動に切り替わりました。アップデートの都度Googleからの告知は無くなりましたが、順位に大きな影響のあるアップデートに関してはしばらくは告知がありそうです。

2014年5月パンダ・アップデート4.0 / 9月パンダ・アップデート4.1

Googleパンダアップデートについてのまとめ

今後のWEB運営に求められることは、ユーザーの立場になって考えれば当然ですが、良質のコンテンツを絶えず増やし続けていくことが大事です。つまり、今後の検索エンジン対策で一番求められるのは、ユーザーが欲しがる良質の情報をどんどん発信し続けているサイト運営です。小手先のSEOテクニックではなく、戦略的にWEBサイトをどのように運営していくかが成功の鍵をにぎります。

SEOやその他検索エンジン対策に関しては、『検索エンジンフレンドリーで安定したWEBサイト運営』もあわせてご覧ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

Googleパンダアップデートについてに関連する記事

SEO(検索エンジン)対策でおすすめの無料ツール
ホームぺージリニューアル後の順位変動と調査方法

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る