WEBサイトの発注するときに考えるあれこれ

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBサイト発注方法について

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

WEBサイトって完成された物が無いので発注って難しくないですか?

WEBサイト発注は規模によっては相当な知識が必要になります。きちんと要件を定義しなければならない規模開発の場合は、提案依頼・要件定義の専門家が必要な場合もあります。

事前準備と発注について

会社でWEBサイト担当者になってしまって発注を任せられたけど、成果物が無いのに発注のイメージがつかない。そんな方も多いのではないでしょうか?うまく発注できなければ、成果物が意図しないものに仕上がってきてしまいます。そうならない為に必要な発注前の心構えをご紹介いたします。

WEBサイトを発注するときのパターンとして大きく分けると2つあります。

  • サイトの完成形がイメージ出来てる場合
  • サイトの完成形がイメージ出来ていない場合

この前提条件の違いで発注の仕方や、コストが大きく変わってきます。そしてどちらのケースでも需要な役割を果たすのが要件定義書です

要件定義書

WEBサイト発注の際、発注者、受注者の思惑の軸になるのが要件定義書です。要件定義書とはまだ見ぬWEBサイトの完成形をドキュメントにして定義したもので、発注側と受注側のガイドラインとなるべきものです。このドキュメントを基にWEBサイトを制作していくことになります。

サイトの完成形がイメージ出来てる場合

WEBサイトのイメージをドキュメントに書き起こして発注のベースとします。このドキュメントをRFP(提案依頼書)と呼びます。このRFPをもとに制作会社とヒアリングを重ねて要件定義書を作成します。

サイトの完成形がイメージ出来ていない場合

まずはケイツー・インタラクティブにご相談ください。ヒアリングをして潜在的なご要望をクリアして要件定義をいたします。

WEBサイトの発注するときに考えるあれこれのまとめ

要件定義をどこまで詰められるかで公開後のWEBサイトの成果に大きな差が出ます。また、要件定義を作り上げるまでの工数(コスト)も変わってくるので、ある程度発注前に明確にWEBサイト制作意図を持っていることが重要です。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームページ運営のお問い合わせ

ホームページ制作でK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る