お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&A/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&A

 

お問い合わせにちょっとした質問が沢山来て業務に支障が出てきました。回避するいい方法はありませんか?

事前にお問い合わせを予測して、Q&Aにあらかじめ回答を用意しておくとお問い合わせの数が減ります。

お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&A

お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&A:目次

Q&A掲載での注意点

Q&A掲載で注意しなければならないことがあります。やみくもにお問い合わせを減らすことで顧客とのコンタクトポイントが減るのは機会損失につながる場合があります。

一方で、お問い合わせが増えて業務に支障をきたす場合も考えられます。お問い合わせが増えて業務に支障をきたす場合は、事前にQ&Aを開設すればユーザーはQ&Aを閲覧し満足をするので双方にとって良い結果になります。

ホームぺージをオープンする前に目的・ゴールを明確にして、お問い合わせやQ&Aをどのような位置づけにするかを考えることが重要です。

人工知能(AI)を使ったQ&A

2017年頃から人工知能を使ったQ&Aが注目され始めています。

人工知能(AI)がページを作るタイプ

お客様から寄せられたお問い合わせデータを素に、人工知能が次々と質問を予測してページを増やしていくサービスです。このタイプのQ&Aは、お客様が知りたい情報を的確に、且つ自動で提供出来るだけでなく、質の高いページとしてアーカイブされるのでSEO効果を見込むことも出来ます。

人工知能(AI)とチャットでコミュニケーションするタイプ

チャットタイプのお問い合わせロボットは、LINEなどSNSとリンクして提供されている場合が多いです。ホームページに実装されているタイプでは、ページの脇(よくあるのは右下)にチャットボックス設置されていて、ユーザーのスクロールに合わせてついてくるような仕掛けのタイプもあります。

チャットタイプのQ&Aは、即時性があり、ユーザーが知りたい情報をすぐにキャッチできます。不要なお問い合わせを省くことが出来る上に、ユーザーの目的も達成でるので、顧客満足度向上につながります。

お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&Aのまとめ

お問い合わせ内容はナレッジとして自社に蓄積するだけでなくホームぺージに公開することによって、事業全体をスムーズに回すことが出来る場合があります。顧客とのコンタクトポイントを考えつつうまく取り入れるように、ホームぺージ開設前に競合他社のホームぺージを研究してみましょう。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

お問い合わせを減らし業務効率を改善するQ&Aに関連する記事

ホームぺージを発注するときに考えること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る