ホームページ写真/画像の拡大アクション/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページ写真/画像の拡大アクション

ホームページ写真/画像の拡大アクション

ホームページ写真/画像の拡大アクション:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

javascritpでの画像/写真アクション

ホームページの画像になんらかのアクションを加える技術の主流はjavascriptですが、CSS3を利用して画像にアクションを加える事例もホームページ制作(WEBサイト制作)の現場では増えてきています。

javascriptの実装差異

現在、ホームぺージ開発の主流になっている技術の一つがJAVASCRIPTです。また、現在はホームページだけでは無く、javascriptは身近な最新機器にも搭載されているのです。

javascriptはECMAScriptというスクリプト言語からの派生言語ですが、派生の段階で、2000年代はブラウザ間での差異が大きく、複雑なものは実装を敬遠されていました。その為当時は、adobe社のFlashというアプリケーションでの開発が主流でした。理由は当時圧倒的シェアを持っていた、Microsoft社のブラウザー「Internet Explorer」がJscriptというjavascriptと少し似ている別のスクリプト言語を採用していたからです。

この為、ブラウザ毎に挙動が異なり、それを回避するための実装方法が非常に開発効率の悪いものとされていました。

jqueryなどのライブラリの出現

2017年4月現在では、ブラウザ毎の実装差異が無くなりjavascriptは効率のいい開発言語となり、ホームぺージだけではなくWEBアプリの開発現場でも活用されています。

また、ライブラリと呼ばれる出来合いのjavascriptと組み合わせることで、内容によってはかんたんにjavascriptを動作させることが出来るようになりました。特に『jqueryを使ってjavascript開発の効率化』させることは今では当たり前になくらいに浸透していて、画像(写真)をちょっとアクションさせたいなどはまさにこの事例です。

ホームページ制作のライブラリは javascript の jquery だけではなく多岐に渡ります。結果どのライブラリを使っていいか迷ってしまう事案も発生していますが『ホームぺージ制作の効率上げるライブラリ』でライブラリについて紹介しています。

CSSでの画像画像/写真アクション

CSSを使った画像(写真)アクションもまだ少ないですが (2015年時点)、事例としては増えてきています。例えばこのホームページのトップページの画像(写真)入れ替えの演出がCSSを使っての動きです。

CSSでのアクションはjavascriptと比べてまだまだ実装出来ることが少ないので、これからどうなって行くのか注目しておきたい所です。CSSの技術的な解説は『CSSはWEBデザインの要』でもしています。

ホームページ写真/画像の拡大アクションのまとめ

WEB担当者の広場 (ホームページ運営の悩み解決 ) としては少し技術的な話になりましたが、要約すると技術の向上で実装は比較的かんたんになってきているということです。しかしながら、まだまだホームページ制作のそれなりの知識も必要で、スイッチ一つで自動化というところまでは実現されていません。

ホームページでの画像(写真)演出などで不安な時はまずご相談ください。御社のホームページにどのような演出が必要か?一緒に課題を見つけていきます。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページ写真/画像の拡大アクションに関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ
WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ

WEBサイト制作・運用レギュレーション・ガイドラインは、例えばページボリュームが多いサイトで一定品質を保つため全体の統一性やテイストのコントロールが必要になった場合、複数人が制作や運用に関わる場合はそれぞれの役割をまとめる際に基準となる指標として必要になります。WEBサイト制作・運用で必要な基本的なレギュレーション・ガイドラインの策定方法をご紹介します。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選