ホームページに地図の画像を掲載する/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページに地図の画像を掲載する

ホームページに地図の画像を掲載する

ホームページに地図の画像を掲載する:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

地図画像の制作した方が良い場合

地図は用途の見極めが重要

WEBサイト制作の現場でも、Google Map の誕生以前はイラストレーターやPhotoshopを使って地図を制作していました。現在ではGoogle Mapが主流ですが、場合によっては地図を画像で作成することもあります。

ブランドイメージを統一したい場合

例えば、ファッションブランドの場合は、ホームページをブランド世界観で統一したいこともあります。Google Map はとても便利ですが、ブランドイメージによってはホームページに設置すると Google Map が浮いてしまい、デザインが台無しになることもあります。この場合は、ブランドイメージに合った地図を制作して、Google Map へはリンクでアクセスできるようにしておきます。

目的地までの経路が複雑な場合

複雑な経路の目的地を紹介する場合、例えば地下鉄の〇〇番出口だったり、出発点から電車を利用しての目的地案内の場合は Google Map を使うとややこしくなってしまう場合があります。その際は、地図画像を作成することをおすすめいたします。

地図画像を制作するパターン
  • ブランドイメージを統一したい
  • 目的地までの経路が複雑

Google Mapの利用した方が良い場合

Google MapはGPSと連動させて、現在地と目的地を可視化出来る大変便利な仕組みです。スマートフォンで検索する際には、無くてはならないサービスの一つです。その一方で、ホームページへGoogle Map掲載のデメリットも少しだけ存在します。

また私たちK2では、GPSを利用してGoogle Mapと連動する『観光WEBアプリ SpotNavigator』を提供しています。観光事業者の方は是非ご覧ください。

Google Mapを地図利用するメリット

Googleが配布しているGoogle Mapのソースコードを貼れば、かんたんにホームページへ地図を掲載することが出来ます。航空写真からのViewや「拡大地図を表示」からのストリートマップなど、地図機能で実現したい基本的なことがほぼ全てGoogle Mapで実現出来ます。周辺の道路状況が変わった、目印になるお店が移転したなどの変化にもGoogle Mapは比較的早く対応されています。

Google Map一番のメリットはスマートフォンでのGPS利用です。Google Mapへ直接リンクさせてしまえば、ユーザーの環境にもよりますが、ほとんどの場合現在地と目的地を可視化することが出来ます。

Google Map 3つのポイント
  • かんたんに地図を掲載出来る
  • 周辺環境の変化に対応してくれる
  • GPS機能と連動出来る
Google Mapを地図利用するデメリット

Google Mapを地図利用するデメリットはあまり聞くことはありませんが、気が付いたところをいくつかピックアップいたします。

位置情報の微妙なズレ。

該当住所が広範囲の場合、ホームページ上でマークされるピンの位置が任意に立つために、思惑と多少のズレが生じることがあります。APIを取得して細かく位置情報を設定して回避することも出来ますが少しホームページへの掲載難度が上がります。

Google Mapの利用規約

当然ですがGoogle Mapには利用規約があります。また、Google Mapに依存する際は、サービス終了の影響も考慮する必要があります。

Google Map で気をつけたい 2 つのポイント
  • 位置情報の微妙なズレ
  • Google Mapの利用規約

Google Mapの利用規約についてはこちらも合わせてご覧ください。

ホームページに地図の画像を掲載するのまとめ

Google Mapを地図利用するメリット・デメリットを紹介しましたが、ホームページへの地図掲載は基本的にはGoogle Mapでの掲載をおすすめしています。理由は、デメリットのリスクよりもメリットで得られる利益の方が大きいからです。

ホームページへGoogle Map掲載時に不安な時はまずご相談ください。御社のホームページにGoogle Mapが必要か?一緒に課題を考えて解決いたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページに地図の画像を掲載するに関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ
WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ

WEBサイト制作・運用レギュレーション・ガイドラインは、例えばページボリュームが多いサイトで一定品質を保つため全体の統一性やテイストのコントロールが必要になった場合、複数人が制作や運用に関わる場合はそれぞれの役割をまとめる際に基準となる指標として必要になります。WEBサイト制作・運用で必要な基本的なレギュレーション・ガイドラインの策定方法をご紹介します。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選