ホームページに地図の画像を掲載する/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

WEBサイト制作のことなら、私たち台東区上野のWEB制作会社
株式会社ケイツー・インタラクティブにお気軽にご相談ください。

ホームページに地図の画像を掲載する

 

ホームページに地図の画像を掲載したいのですが、Google Mapの画像をそのまま貼り付けても大丈夫ですか?

画面のキャプチャーをコピーしたものを使用するのはNGです。所在地を告知するなどの通常レベルの利用であればソースコードが配布されています。ホームページ制作の知識があれば、配布コードを利用でかんたんに地図を掲載することができます。

ホームページに地図の画像を掲載する

ホームページに地図の画像を掲載する:目次

ホームページへGoogle Mapの地図利用

Google MapはGPSと連動させて、現在地と目的地を可視化出来る大変便利な仕組みです。スマートフォンで検索する際には、無くてはならないサービスの一つです。その一方で、ホームページへGoogle Map掲載のデメリットも少しだけ存在します。

Google Mapを地図利用するメリット

Googleが配布しているGoogle Mapのソースコードを貼れば、かんたんにホームページへ地図を掲載することが出来ます。航空写真からのViewや「拡大地図を表示」からのストリートマップなど、地図機能で実現したい基本的なことがほぼ全てGoogle Mapで実現出来ます。周辺の道路状況が変わった、目印になるお店が移転したなどの変化にもGoogle Mapは比較的早く対応されています。

Google Map一番のメリットはスマートフォンでのGPS利用です。Google Mapへ直接リンクさせてしまえば、ユーザーの環境にもよりますが、ほとんどの場合現在地と目的地を可視化することが出来ます。

Google Map 3つのポイント
  • かんたんに地図を掲載出来る
  • 周辺環境の変化に対応してくれる
  • GPS機能と連動出来る

Google Mapを地図利用するデメリット

Google Mapを地図利用するデメリットはあまり聞くことはありませんが、気が付いたところをいくつかピックアップいたします。

位置情報の微妙なズレ。

該当住所が広範囲の場合、ホームページ上でマークされるピンの位置が任意に立つために、思惑と多少のズレが生じることがあります。APIを取得して細かく位置情報を設定して回避することも出来ますが少しホームページへの掲載難度が上がります。

Google Mapの利用規約

当然ですがGoogle Mapには利用規約があります。また、Google Mapに依存する際は、サービス終了の影響も考慮する必要があります。

Google Map で気をつけたい 2 つのポイント
  • 位置情報の微妙なズレ
  • Google Mapの利用規約

Google Mapの利用規約についてはこちらも合わせてご覧ください。

ホームページに地図の画像を掲載するのまとめ

Google Mapを地図利用するメリット・デメリットを紹介しましたが、ホームページへの地図掲載は基本的にはGoogle Mapでの掲載をおすすめしています。理由は、デメリットのリスクよりもメリットで得られる利益の方が大きいからです。

ホームページへGoogle Map掲載時に不安な時はまずご相談ください。御社のホームページにGoogle Mapが必要か?一緒に課題を考えて解決いたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページに地図の画像を掲載するに関連する記事

ホームぺージを発注するときに考えること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る