ホームページの適切な料金設定/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページの適切な料金設定

ホームページの適切な料金設定

ホームページの適切な料金設定:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

ホームぺージ制作の原価と料金

ホームページ制作の原価と料金を知るには、まずGoogleで「ホームぺージ 料金」「ホームぺージ 価格」「ホームぺージ 費用」などで検索してみてください。改めて各社バラバラなことがわかります。ホームページ制作費にばらつきがあるのは、各社力の入れている内容に違いがあるからです。

ホームページ制作にかかる料金の多くは人件費です。ですのでホームぺージ原価は人件費に大きく依存しています。これは、ホームぺージが完成するまでの過程ほとんどを、専門的な技術者のスキルに依存しているからです。

ホームぺージの制作料金

一般的には人/月×スキルがホームぺージの制作料金に充てられます。ホームぺージの制作スキルが高い技術者や経験の豊富な技術者は単価が高く、新人や制作スキルの低い技術者は単価が低い傾向があります。

ホームぺージ制作のスキルが低い人の方が安くてお得か?と言うと、そんなわけでもありません。制作スキルが高い人は早く仕上げることが出来るので、人/月が少なくて済む場合もあります。また、成果物のクオリティーの差は歴然で、長期にわたりホームぺージを運営する場合、コストパフォーマンスは制作スキルが高い技術者の方がよい傾向にあります。

ホームページの適切な価格設定

ホームページにかかる料金の大部分は人件費です。その為、一つのホームページにどこまで人と時間をかけるかで金額に大きく差異が出ます。一見、同じように見えるホームぺージでも、そこに至るまでの過程で価格が変わる場合もあります。もちろん、人と時間をかける分、成果が変わって来ることにもなります。

例えば、ホームページを3年運営して、そこで得られる成果の差を考えて、どこまでホームページに予算をかけるのがベストか?を検討してみてください。御社にとって適切なホームページの価格帯が見えて来ます。

スマートフォン用ホームページの料金設定

スマートフォン用のホームページの料金設定に関しても、通常のホームページ制作とかわりません。ただ、通常のパソコンとスマートフォン両用のホームページを制作する場合は、通常のホームページ制作と比べて 1.4 倍から 1.8 倍くらいの費用を見積もっておくとよいでしょう。『スマートフォンサイト制作料金の相場感』で、スマートフォン用ホームページの料金相場感を紹介しています。

ホームぺージ制作会社ごとの価格格差

ホームぺージ制作料金は結局の所、ホームぺージ制作に費やした人件費と蓄積されたノウハウです。その理屈から考えると、安いホームぺージ制作会社と高いホームぺージ制作会社では、成果物にも明らかに違いが出てしまいます。

ホームぺージ公開後に差が出る要件定義

ホームぺージ制作における要件定義とは、どんなホームぺージを作成すれば成果が出るのか?ホームぺージ運営の目的は何か?など、成果を出すための要件(目的)を定義します。『ホームページ制作の準備に必要なもの』で、要件定義について紹介しています。

要件定義策定は緻密な戦略に基づいて定義されるので、結果に差がつく非常に重要な工程です。この要件定義をどこまで掘り下げてやってもらえるか?を確認することは、ホームぺージ制作会社を選定する際にとても重要です。安いホームぺージ制作会社は要件定義の工程が曖昧なままデザインワークに着手してしまいます。

ホームぺージの運用を含めた要件定義がきちんとなされているホームぺージ制作会社と、ただホームぺージを制作するだけの会社の違いは、実際ホームぺージ公開後に成果の差として顕著に出てきます。

ホームページ制作をプロに依頼をする理由

ホームページで成果を得るには綿密な調査や目標設定をするなど、制作の前段階から様々なノウハウが必要になります。

例えばケイツー・インタラクティブでは、自社運営サイトWEBでマンガ投稿 ACOMIの運営ノウハウがございます(2016年7月31日閉鎖)。ボタンの色が何故その色なのか、何故その場所なのか?にはちゃんと意味があるのです。

調査に始まってデザインの細部にいたるまで、目標達成の為の施策を考え抜いてホームページを制作する場合は、やはり『安く作れるホームぺージ』とは一線を画すものとなります。

ホームページの適切な料金設定のまとめ

ホームページ制作の予算感は制作会社によって様々です。規模・内容によっては、相見積りで二桁違ったケースもあるようです。

ホームぺージの予算と望む成果のバランスを考えて、初期段階でどの程度コストをかけるか検討するといいでしょう。場合によっては、ホームぺージを運営する為の年間費用も予め考える必要があります。そこまで含めて、納得のいく提案をしてくれるホームぺージ制作会社を選定することがプロジェクト成功の鍵になります。

どのスキルを持った人がどのくらい時間をかけてホームページを作るか?これが各社基本的な予算になります。ですので、価格差はどこにあるのか?を、各社によくヒアリングをして選定することをおすすめいたします。

ケイツー・インタラクティブでは提案依頼書・要件定義書の作成をはじめ、見積り比較のアドバイスなど、御社に最適な制作会社さんを選定するお手伝いも承っています。是非お気軽にご相談ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページの適切な料金設定に関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選