ホームページ制作の準備に必要なもの/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページ制作の準備に必要なもの

ホームページ制作の準備に必要なもの

ホームページ制作の準備に必要なもの:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

ホームぺージ発注の事前準備

発注前の心構

ホームぺージ担当者になってしまって発注を任せられたけど、成果物も無いのに発注のイメージがつかない。そんな方も多いのではないでしょうか?うまく発注できなければ、成果物が意図しないものに仕上がってきてしまいます。そうならない為に必要な発注前の心構えをご紹介いたします。

ホームぺージを発注するときのパターンとして大きく分けると2つあります。

  • ホームぺージの完成形がイメージ出来てる場合
  • ホームぺージの完成形がイメージ出来ていない場合

ホームぺージの目的が見えているかどうか?の前提条件の違いで発注の仕方や、コストが大きく変わってきます。そしてどちらのケースでもWEB戦略に最も重要な役割を果たすのが要件定義書です。

ホームぺージの完成形がイメージ出来てる場合

ホームぺージのイメージをドキュメントに書き起こして発注のベースとします。このドキュメントをRFP(提案依頼書)と呼びます。このRFPをもとにヒアリングを重ねて要件定義書を作成します。

ホームぺージの完成形がイメージ出来ていない場合

まずはケイツー・インタラクティブにご相談ください。どのようなホームぺージが必要か?御社のニーズをヒアリングをして、潜在的な課題とご要望をクリアにして要件定義をいたします。

ホームページの成果は要件定義が全て
要件定義書とは?

ホームぺージを発注する際、発注者、受注者の思惑の軸になるのが要件定義書です。要件定義書とはまだ見ぬホームぺージの完成形をドキュメントにして定義したもので、発注側と受注側のガイドラインとなるべきものです。このドキュメントを基にホームぺージを制作していくことになります。

要件定義をどこまで詰められるかで公開後のホームぺージの成果に大きな差が出ます。また、要件定義を作り上げるまでの工数(コスト)も変わってくるので、発注前にある程度明確にホームぺージの目的と運用イメージを持っていることが重要です。

ホームページの完成イメージがぼんやりしてても、私たちにお気軽にご相談ください。どのようなホームぺージが必要か?潜在的な課題とご要望をクリアにして成果のでるホームページに仕上がるための要件定義をいたします。

私たちK2は、ホームページ制作の際は、必ず要件定義をするようにしています。そうすることで、お客さまと成果物のイメージを共有して、求める成果を実現できるホームページをご提供しています。

ホームページ制作に必要な素材

ホームページ制作の準備に必要なモノは、例えば商品案内の場合、商品の写真や商品のスペック、会社の沿革、代表のコメントなどの素材をご用意いただきます。どんなホームページでも最低限、以下の2つの素材が必要です。

  • ホームページに掲載するテキスト
  • 写真や図版などの画像
ホームページに掲載するテキスト

ホームページに掲載するサービスや事業内容のテキストです。ユーザーはよほど興味が無い限りホームページの文章を熟読しません。ユーザーに読んでもらうには、ホームページならではのライティングのコツがあります。

ホームページの見出し

見出しはキャッチーで目を引くものが好まれます。ユーザーはホームページをザッと流し読みし、見出しで目が留まり中身(記事)を読みます。

ホームページの文章

文章の一文は長くしないように心がけましょう。目安として200文字くらい(twitter1投稿文+α)がベストです。200文字ごとにセンテンスを区切ると読みやすくなります。

写真や図版などの画像

ホームページに掲載する写真やグラフ・イラストなどは、商品や事業を説明するのに欠かせない素材です。

写真はある程度のサイズであればスマートフォンで撮影したものでも問題無い場合もあります。それでも掲載する内容によっては写真勝負の場合もありますので写真選定は慎重にする必要があります。

ホームページ制作に付随して必要な準備

ホームぺージ制作に付随する準備の中に、サーバーとドメインがあります。サーバードメインについては慣れていないと本当に不安になりますね。基本的には専門のプロにお任せすることをおすすめいたします。

ドメイン

ドメインはレンタルサーバーについてくることもあるので必ずしも取得する必要はありません。しかしながら、ユニークで覚えやすいアドレスにしたい場合や、検索エンジンのことを考慮すると、ドメインは取得しておくことをおすすめいたします。詳しくは『ドメイン取得・利用の効果について』も是非ご覧ください。

サーバー

レンタルサーバーのサービスには大きく分けて、「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS(仮想専用サーバー)」「クラウドサーバー」の4つがあります。用途によってそれぞれ適しているサーバーが違います。詳しくは『サーバーはホームページの保管庫』をご覧ください。

ホームページ制作の準備に必要なもののまとめ

ホームページは初めての方でもかんたんに準備出来ることもあれば、ある程度専門的な知識を必要とすることもあります。特にサーバーやドメインに関しては初めてホームページを運営する方にはハードルが高いです。

初めてホームページを運営する方には、比較的かんたんに取り組めるブログ(ビジネスブログなど)から始めることをおススメしています。ブログであれば画像とテキスト情報だけでも、無料ブログサービスに登録出来れば開設することができます。

ホームページ開設のための知識と掲載内容のバランスを考えて、ホームページを公開するか、ブログを開設するか、をご検討いただくとよろしいかと思います。

初めてホームページを運営する方、不安な時はまずご相談ください。御社のホームページにどのような準備が必要か?一緒に課題を見つけていきます。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページ制作の準備に必要なものに関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選