Googleパンダアップデートについて

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

SEO(検索エンジン)対策で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

日本では2012年7月に導入されたGoogleアルゴリズムのひとつパンダアップデート。低品質のサイト、スパム行為について厳しくペナルティを付与するこのパンダアップデートどのような点に気を付ければいいか解説しています。

パンダ・アップデートとは日本では2012年7月に導入された、のGoogleの検索アルゴリズム・アップデートの呼称です。大量被リンクや大量ページを持つサイトが高評価を受けていることから、スパム行為が増えてきたため低品質のページや、大量コピーのページ、また関連性の無いWEBサイトからの被リンクは評価の対象外になりました。

高評価のポイント

  • コンテンツの内容を重視
  • 独自性と専門性が高いページを高評価
  • 専門性の高い外部サイトからの被リンク
  • ソーシャルメディアで共有されている
  • コンテンツ内容が重複しない

Googleは絶えずアルゴリズムをアップデートしています。アップデートはペナルティーのリスクではなく、まっとうなWEBサイト運営をしていれば自然と高評価を受けると捉える方が正解です。また、2013年3月以降アップデートは通常アルゴリズムとなり、手動から自動に切り替わりました。アップデートの都度Googleからの告知は無くなりましたが、順位に大きな影響のあるアップデートに関してはしばらくは告知がありそうです。

2014年5月パンダ・アップデート4.0 / 9月パンダ・アップデート4.1

Googleパンダアップデートについてのまとめ

今後のWEB運営に求められることは、ユーザーの立場になって考えれば当然ですが、良質のコンテンツを絶えず増やし続けていくことが大事です。つまり、今後の検索エンジン対策で一番求められるのは、ユーザーが欲しがる良質の情報をどんどん発信し続けているサイト運営です。小手先のSEOテクニックではなく、戦略的にWEBサイトをどのように運営していくかが成功の鍵をにぎります。

SEOやその他検索エンジン対策に関しては、『検索エンジンフレンドリーで安定したWEBサイト運営』もあわせてご覧ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

SEO(検索エンジン)対策とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る