モバイルファーストが重要な3つの理由

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

モバイルファーストってどんなことなんだろう?

モバイルファーストとは、モバイルユーザーの目線で考えコンテンツ中心をWEBサイト構築することです。

モバイルファーストのはじまり

モバイルファーストとは、2009年にルーク・ウルブルスキー(米国)が提唱した言葉です。

More often than not, the mobile experience for a Web application or site is designed and built after the PC version is complete. Here's three reasons why Web applications should be designed for mobile first instead.

引用:LUKEW IDETION + DESIGN

要約すると以下のようです。
『多くの場合は、PCサイトを構築した後でモバイル用のサイトやアプリを構築する。モバイルを先に作るべき理由は3つある』

  • モバイルは爆発的普及をしてきている
  • 本当に必要なコンテンツにフォーカスする
  • モバイルの能力を拡張する

モバイルは爆発的普及をしてきている

『2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5%』『2014年10月スマートフォン所有率は59.0%』

参考:MMD研究所

上記データが示す通りスマートフォンは2009年の提唱時よりも遥かに普及率が高くなっています。

『「スマホ」の所有率は70.7%』

参考:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より

2016年にはさらにスマートフォンの所有率が向上しています。

本当に必要なコンテンツにフォーカスする

モバイルはPCと比べても画面が小さく、本当に必要な情報のみを掲載するようにする。

モバイルの能力を拡張する

モバイル独自の機能、例えばカメラ機能やGPS機能などを活用してサービスを作り上げるようにする。つまり、先にモバイル用にコンテンツを考えることによってイノベーションが起こるということを提唱しているのです。

モバイルファーストが重要な3つの理由のまとめ

モバイルファーストという言葉が今になって脚光を浴びはじめていますが、本来はスマートフォン対応や、RWD(レスポンシブウェブデザイン)を作ることを目的とした言葉では無く、モバイルにフォーカスしてコンテンツアイデアを巡らせることで『イノベーションを起こす』ということがモバイルファーストの本質だと考えられます。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

あなたのWEBサイト、モバイル対応はしていますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る