フラットデザインのメリットとトレンドを解説

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

フラットデザインって流行ってるの?

windows8の登場からWEBサイトはフラットデザインが主流なってきました。2013年の夏にリリースしたiOS 7でもフラットデザインが採用されるなど、しばらくの間はWEBデザインのトレンドはフラットデザインになりそうです。

フラットデザイン

比較対象になるのが一昔前に流行ったリッチデザインで、アイコンやボタンその他のデザインのあしらいに装飾が施され、立体的に見えたり、何かの質に例えたりといったデザインです。これらの装飾要素をなるべくそぎ落とし、デザインの本質の部分を残し必要最低限の装飾で構成したものがフラットデザインです。

メリット

フラットデザインのメリットは大きく分けて2つあります。

コンテンツにフォーカス出来る

デザインがミニマルなので、ユーザーがコンテンツの中身に集中することができます。その結果、より深く情報提供者の意図をユーザーが理解することが出来ます。このことは、モバイルファーストの3つのポイントでも提唱されていて、現在の情報伝達のコミュニケーションのトレンドといっても良さそうです。

データが軽い

画像を多用した過度な装飾はデータ容量が重くなりネットワークの負荷につながります。インターネット上ならではのデザインの概念になりますが、とても重要な要素です。

検索エンジンとの親和性

Googleなどの検索エンジンの多くはページ表示速度を検索結果の評価対象にしています。ページが軽いことは上位表示のための重要な要素のひとつです。ミニマルデザインはネットワークの負荷を軽減して、ページ軽量化にも貢献します。

HTML5+CSS3

HTML5+CSS3対応のブラウザであれば、HTMLとCSSだけでもかなりのデザインを実現することが出来ます。場合によってはフラットデザインであれば『HTML5+CSS3』のみでデザインを完結してしまうことも出来ます。このことは、レスポンシブウェブデザイン(RWD)としてデザインする場合にも重要な要素になります。また、更新も容易でCMSとの相性もいいデザインといえます。

フラットデザインのメリットとトレンドを解説のまとめ

2015年6月の時点ではWEBデザインのトレンドといっていいでしょう。将来は他のデザイン、例えばリッチデザインのように『あ~、あの時代のデザインね。』といわれるようになるかもしれませんが、上記のメリットを考えると、現時点ではフラットデザイン、そしてモバイルファーストを考慮したWEBデザインしていくことをおすすめいたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

あなたのWEBサイト、使いやすいデザインにされてますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る