WEBサイト成功の鍵は部署間をつなぐ適切なチームビルドです

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

WEBサイト運営のチームビルドって何?

部門・関連会社間の様々な利害関係を調整しつつ、プロジェクトをゴールに導くために適材適所の人材配置をすることです。

チームビルドの必要性

大規模企業サイトの構築・運営では、担当者と様々な部門や関連会社の人たちが関わることになります。当然のことながら、それぞれが違う視点から主観的にリクエストを出し、それに対してWEB担当者が対応することになります。あらゆるリクエストに応えようとして混乱し、WEBサイトが思いもよらない方向に走ってしまわないように以下の点に気を付けるとよいでしょう。

目的の共有

何故そのWEBサイトが存在するのか?

WEBサイト構築の段階で本来決めるべきことですが、まれに不明確のまま運営されているケースがあります。例えば最初は、『どの企業もホームページ位持っている』という単純な理由からWEBサイトを立ち上げてしまった場合です。WEBサイトの存在意義(定義)があやふやなまま軌道に乗ってしまった場合、WEB担当者が都度右往左往しながら部署間や外部業者との調整をすることになるので疲弊してしまいます。もし決められていないようなら、一度スタートに立ち返りWEBサイトの存在意義を明確にします。

優先順位の決定

『何故そのWEBサイトが存在するのか?』これが明確になれば、何が大切な情報かが良くわかります。優先順位をつけながら各部署と対応したり、場合によっては掲載しないなどすれば運営がスムーズになります。また、WEBサイトの方向性も一定に保たれ、オーソリティー(専門性)の高いWEBサイトが育っていくので検索エンジンフレンドリーなWEBサイトが作られていきます。

チーム編成

『目的の共有』『優先順位の決定』が出来たらどのようなチームでWEBサイトを運営するかを考えます。間違っても青天の霹靂のように担当者を任命し、「あとは宜しく」のようなことをしてはいけません。折角作ったWEBサイトの制作コストを無駄にするだけではなく、運営にかかる毎月のコストも無駄にしていくことになります。きちんとプランを持って担当者・責任者を決め、外部組織(例えば制作会社)とどのような関わりを持つのかを戦略的に考えます。

WEBサイト成功の鍵は部署間をつなぐ適切なチームビルドですのまとめ

WEBサイトは長い時間かけて継続的な成果を企業にもたらす資産であり、中・長期的なプランを持って運営にあたることが成功の鍵となります。担当者が部署間・関連会社間を右往左往してランニングコストの無駄遣いをしてしまわないように、最初の段階で運営ゴールを設計することが大切です。もし未対応であるなら改めてスタートに立ち返り、運営ゴール設計をすることをお勧めいたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ブランディングでWEBサイト存在意義を明確に

あなたのWEBサイト、チームプレーできちんと運営出来てますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る