Googleペナルティーでチェックすること

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

Googleペナルティーって聞いたんだけどそれってなんだろう?

Googleの検索アルゴリズムにはスパム行為に対してさまざまなペナルティーがあります。意図してスパム行為をするのは言語道断ですが、意図せずしてスパム行為と取られてしまうケースもあります。ウェブマスターツールにWEBサイトを登録しておけば、万が一意図せずスパム行為と取られてもガイドライン違反の通知が届くことがあるので是非登録しておきたいツールです。代表的なペナルティーをご紹介するので、あなたのWEBサイトと照らし合わせ今後のSEO対策に役立ててください。

隠しリンク・隠しテキスト

背景と同じ色のテキストやリンクを設置して、大量のキーワードをページ内に記載する行為。

クローキング

User-Agentを取得して、Googleとユーザーと別々のページを表示する行為で、例えばGoogleにはテキストがきちんと掲載されているページを認識させ、ユーザーには画像ばかりのページを認識させる手法。

大量の低価値ページ

サイト内に内容の無いページを沢山用意しページボリュームを意図的に増やす行為。

オリジナルなコンテンツが少ない

どこかのWEBサイトからコピーしてきたような専門性に欠けるページばかりのWEBサイト。

SEO目的でリンク購入

SEO業者からリンクを購入して不自然に被リンクを増やす行為。特に運営するWEBサイトと全く関係ないWEBサイトや、低品質なWEBサイトからの被リンク、急激な被リンク増はスパムと認識される可能性が高い。

重複コンテンツ

同じ内容のWEBページが大量にあり、意図的にページボリュームを増やす行為。

Googleペナルティーでチェックすることのまとめ

当たり前の話ですが『あなたのWEBサイトにユーザーが訪れた時、どんなページが用意されていたら価値を感じるか?』を考えぬいて実践すればまずスパムと判断されることはありません。そしてあなたのWEBサイトはどんどん高評価を受けていくでしょう。万が一検索結果の順位が大きく変動し下降したとしてもあわてずに対処しましょう。まずはウェブマスターツールをチェックし、一時的なものなのか、どこかに不具合があるのかを判断し適時対応していけば大丈夫です。きちんとしたサイト運営をしていれば、Googleペナルティーを過度に心配する必要はありません。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ブランディングでWEBサイト存在意義を明確に

あなたのWEBサイト、ペナルティーは大丈夫ですか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る