WEBサイトで成果を出すために最初に考えること/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

WEBサイト制作のことなら、私たち台東区上野のWEB制作会社
株式会社ケイツー・インタラクティブにお気軽にご相談ください。

WEBサイトで成果を出すために最初に考えること

 

WEBで成果を出すためにまず最初に考えることは何でしょうか?

WEBで成果を出すためにまず最初に考えることは、『WEBサイトに何をどうやって掲載するか?』です。当たり前すぎることですが、それらが後回しになっているケースを多々見かけます。

デザインを考えるのは一番最後

『何をデザインと定義するか?』で少し意味合いが変わってしまいますが、ここでは一般的な見栄えをデザインと定義します。ではどのようにWEBサイトを組み立てていくかを考えてみましょう!

既存サービスや商品の棚卸
棚卸におけるポイント

既存サービスを見直し、「強み」「弱み」整理して適切なキーワードを選定します。ここでの設計がWEBサイト公開後の成果に大きな差を生みます。WEBサイト公開後の成果の差については、WEBコンサルティングのページでも詳しく解説していますのでご参考にしてください。

WEBサイト運営モデル設計
WEBサイト運営モデル設計のポイント
  • 運営体制確認
  • 掲載方法確認

WEBサイトは公開してから成果に差が出るのは先ほども申し上げましたが、WEBサイト運営モデルの設計がきちんと出来ていなければ、どんなに見栄えのいいWEBサイトが出来上がってもコストの無駄遣いになってしまいます。『どのような体制で運営し』『どのような記事をどのように掲載するか』、をWEBサイト制作をする前には決めておきます。

WEBサイト制作(アウトプット)
WEBサイト制作のポイント
  • ワイヤーフレーム設計
  • システム設計
  • デザイン考案
  • WEB(HTML)化
  • システム開発
  • WEBサイト公開

サービスや商品の棚卸からWEBサイト運営モデルの設計まで、積み上げてきたものをアウトプットするためにWEBサイトを制作していきます。

ワイヤーフレームはデザインの基となる設計図です。この設計図に大凡のレイアウトや導線のわかるリンク設計、UI設計などの要素を盛り込みます。システム開発がある場合はさらにどのようなシステムを構築するかも設計します。このワイヤーフレームが出来上がってからはじめてデザイン作業に着手することが出来ます。

WEBサイト運営
WEBサイト運営のポイント
  • 更新・改善計画
  • コンテンツ考案/更新作業
  • サイト解析

新しいコンテンツを追加しつつ、改善点を見つけて改善していきます。アウトプットの前段階で立てた戦略を実装出来ていれば、非常に効果的にWEBサイトが育っていきます。

WEBサイトで成果を出すために最初に考えることのまとめ

WEBサイトを制作するときに、ついついデザインから考えてしまうお客様も多くいらっしゃいます。まず、『何の為に』『どのような体制で』WEBサイトを運営するかを先にきちんと決めることがとても大切です。初期段階での設計が上手くいけば、アウトプットもコンセプトに沿ったものになり、一貫した戦略的なWEBサイトを運営することが出来ます。

ケイツー・インタラクティブでは、目的(KPI)設定やブランド構築をはじめとした様々なWEBコンサルティングをご提供しています。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

WEBサイトで成果を出すために最初に考えることに関連する記事

アクセシビリティーについて
キュレーションサイトを利用して情報発信するメリットは?
WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る