WEBサイトで成果を出すために最初に考えること

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

WEBで成果を出すためにまず最初に考えることは何でしょうか?

WEBで成果を出すためにまず最初に考えることは、『WEBサイトに何をどうやって掲載するか?』です。当たり前すぎることですが、それらが後回しになっているケースを多々見かけます。

デザインを考えるのは一番最後

『何をデザインと定義するか?』で少し意味合いが変わってしまいますが、ここでは一般的な見栄えをデザインと定義します。ではどのようにWEBサイトを組み立てていくかを考えてみましょう!

既存サービス(商品)棚卸

この時点で既存サービスを見直し、「強み」「弱み」整理して適切なキーワードを選定します。ここでの設計がWEBサイト公開後の成果に大きな差を生みます。WEBサイト公開後の成果の差については、集客支援のページでも詳しく解説していますのでご参考にしてください。

運営モデル設計
  • 運営体制確認
  • 掲載方法確認

WEBサイトは公開してから能力の差が出てきます。ここまでの設計がきちんと出来ていなければ、どんなに見栄えのいいものが出来上がってもコストの無駄遣いになる可能性が非常に高くなります。『どのような体制で運営し』『どのような記事をどのように掲載するか』、早い時点で決め、『次制作フェイズの作業優先順位』も明確にしておきます。

アウトプット(WEBサイト制作)
  • システム設計
  • ワイヤーフレーム設計
  • デザイン考案
  • WEB(HTML)化
  • システム開発
  • WEBサイト公開

前フェイズから積み上げてきた戦略をアウトプットするフェイズです。

WEBサイト運営
  • 更新・改善計画
  • コンテンツ考案/更新作業
  • サイト解析

新しいコンテンツを追加しつつ、改善点を見つけて改善していきます。アウトプットの前段階で立てた戦略を実装出来ていれば、非常に効果的にWEBサイトが育っていきます。

WEBサイトで成果を出すために最初に考えることのまとめ

WEBサイトを制作するときに、ついついデザインから考えてしまうお客様も多くいらっしゃいます。まず、『何の為に』『どのような体制で』WEBサイトを運営するかを先にきちんと決めることがとても大切です。初期段階での設計が上手くいけば、アウトプットもコンセプトに沿ったものになり、一貫した戦略的なWEBサイトを運営することが出来ます。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

あなたのWEBサイト、有益な情報をキチンと掲載出来てますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る