ホームページのネタに困った時/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページのネタに困った時

ホームページのネタに困った時

ホームページのネタに困った時:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

ホームページのライティングのコツ

ホームページのライティングはWEB戦略において最も重要な施策のひとつす。記事のタイプは掲載する内容により変わります。例えば、ホームページに商品やサービスを掲載したい場合、売り込むための販促記事、市場を底上げし、理解・信頼を得るための啓蒙記事などがあります。

商品やサービスを売り込むための販促記事

ホームページで商品・サービスを紹介する時は、最初に長所や短所を思いつくまま「紙」に書き出して下さい。紙に書き出したキーワードは、そのまま記事を書く時のネタとなります。

キーワードを紙に書き出せば、視覚からも「長所」や「強み」のキーワードを認識でき思考が整理されます。その上で記事を書くと、扱っている商品・サービスの使い方や利用方法が、具体的にイメージしやすくなります。

商品・サービスの具体的な使い方・利用方法がイメージ出来たら、概要を200文字程度にまとめて記載します。概要に続いてメリットのみをピックアップしたリストを添えます。

販促記事ライティングのポイント
  • メリット・デメリットを紙に書きだしネタを抽出
  • 使い方・利用方法の概要を200文字程度で記載する
  • メリットのみピックアップしてリストにする
  • 余力があれば詳細や小ネタを追加する
理解・信頼を得るための啓蒙記事

商品・サービスのニーズを底上げする啓蒙記事の目的は顧客との関係作りなので、お役立ち情報やノウハウ提供など、顧客利益に重点を置きます。

例えば、商品やサービスを使って顧客がどのような利益を得られるか?を創造するシミュレーションをして、そのことを記事にします。また、予め想定される課題をピックアップして、商品・サービスがどのように課題を解決するか?を記事にするのも効果的です。

このホームページの中でも『WEB担当者の相談室』は、お客さまとの関係作りを目的に運営しています。

啓蒙記事ライティングのポイント
  • 顧客との関係作りが目的
  • 顧客利益に重点を置く
  • 課題解決のストーリーを記事にする
  • 課題をベースに記事にする

ホームページの情報に深みを出すには?

目線を意識して、重要部分をもれなくキャッチ

モチベーションがかなり高い場合を除いて、ユーザーは基本的にホームページの記事は流し読みします。ですので、メリットをピックアップしたリストでユーザーの視線を止めて、一気に流し読める概要を読んでもらうことでモチベーションを少し高めるます。

最低限必要な情報は概要とメリットです。もしページに余裕があれば「概要」「メリットのリスト」、その後に写真を添えた詳細記事を掲載ましょう。ホームページに記載するテキスト量は、1センテンスで140文字(twitter目安)~200文字がベストです。140文字~200文字がユーザーの一読出来る情報量の目安と考えられています。

またキャッチコピーは、アイキャッチとしてはもちろん、キーワード選定にも役立ちます。可能な範囲で取り入れてみましょう!このWEB担当者の相談室で『キャッチコピーの作り方』も紹介しています。

ホームページ詳細記事のネタ

ホームページ詳細記事のネタなんて思いつかない、文章力が無いから書けない。そんな悩みを抱えるホームぺージ担当者も多いです。その時は実際に商品やサービスを扱う営業部・販売部の方や、商品を作り出す開発部の方に声をかけ、ネタを探してみてはいかがでしょうか?

お互いがディスカッションすることでホームぺージ担当者だけではなく、商品・サービスの担当者も自社の商品・サービスを再確認するいい機会になります。お客様の声などリアルな体験談をホームページに掲載出来れば、情報にリアリティが増すので購買モチベーションを高めるのに効果的です。

ホームページのネタに困った時のまとめ

ホームページのネタは一見難しそうですが、いつもみなさんが商品・サービスについて会話している内容を書けば大丈夫です。商品を扱うプロのみなさんにとってはなんでも無いネタも、その商品に多少なりとも興味を持ってサイトへ訪問したユーザーにとってはとても貴重な情報です。

どうしてもホームページに掲載するネタが思いつかないときは複数人で集まって、商品についての肩ひじ張らない座談会を開催することをおすすめいたします。補足ですが、スマートフォンの録音機能を使って座談会の内容を記録しておくと、後々記事を書くときにとても便利です。

ホームページへの記事掲載で不安な時はお気軽にご相談ください。御社のホームページにどのような情報を掲載したらいいか?一緒に考え、もし必要があればライティングについても承ります。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページのネタに困った時に関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ
WEBサイトのガイドライン・レギュレーション制作のコツ

WEBサイト制作・運用レギュレーション・ガイドラインは、例えばページボリュームが多いサイトで一定品質を保つため全体の統一性やテイストのコントロールが必要になった場合、複数人が制作や運用に関わる場合はそれぞれの役割をまとめる際に基準となる指標として必要になります。WEBサイト制作・運用で必要な基本的なレギュレーション・ガイドラインの策定方法をご紹介します。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選