CMSのデザインは更新頻度と役割で考える/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

CMSのデザインは更新頻度と役割で考える

 

CMSってデザイン的にどうなの?

用途によって評価が変わります。更新する部分はシステムフォントを利用し柔軟なレイアウトにする必要があります。

CMSのデザインは更新頻度と役割で考える:目次

CMSセールストークの罠

CMSの代表的なセールストークに「ブログのように簡単に更新できる!」「ワードのような要領でサイトが作れる!」などがあげられます。「ふむふむ、なるほど!簡単なんだね。」第一印象はとても素晴らしいイメージをいだくかもしれません。そして次に思い浮かぶのは「ちょっとまてよ!WEBサイトはブログやワードみたいな感じだと困るんだよね。」という漠然としたイメージです。

実際デザイン的にどうなのか?CMSにした方がいいのか?判断に迷わないように、CMS導入はデザインと更新両面から考える必要があります。

CMSで実現可能なデザイン

CMSでのデザインは運用次第

デザインはかなり自由に表現することが出来ます。ただ更新に関わる部分はシステムフォント、つまりブログのようなフォントを使うことになります。チラシのような派手なビジュアルを掲載したければチラシを画像に変えてアップロードします。

CMSでのデザインは漠然としていますが、完璧にイメージしたとおりのカッチリ決めたデザインの実現は難しいです。しかしながら、運用次第では柔軟性があり、代替案としてのイメージを再現することは可能です。

WEBデザインとしての平均値

現在世界のWEBサイトの25%以上がWordPress(CMSツール)で作られています。ですのでWordPressをはじめとしたCMSツールの利用で、一般的なWEBサイトを作るのには、デザイン的に問題が無いレベルと言っていいでしょう。WEBサイトの更新頻度とページ数、予算の兼ね合いを見ながら導入を検討しましょう。

CMSツールの更新(入力)画面

基本的に、ブログ、ワードのように簡単に更新できます。しかしながら、WEBサイトで実現したい要望が複雑になってきた場合、それ相応に運営フローは複雑になります。どのようなWEBサイトにして、運用にどの程度リソースがさけるのか?その辺りを吟味しながらCMS設計をするといいでしょう。

CMSのデザインは更新頻度と役割で考えるのまとめ

現在かなりの割合でWordPressをはじめとしたCMSツールを導入したWEBサイトが公開されています。そういった現状からもデザイン的に不安を感じる必要はあまり無いと考えていいでしょう。しかしながらキャンペーンサイト・PRサイトのように広告要素の高いWEBサイトに関してはあまりCMSは向かないので、WEBサイトの役割を明確にしてCMS導入を検討しましょう。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

CMSのデザインは更新頻度と役割で考えるに関連する記事

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る