CMSのデザインは更新頻度と役割で考えましょう

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

CMSのデザイン

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

CMSってデザイン的にどうなの?

CMSの代表的なセールストークに「ブログのように簡単に更新できる!」「ワードのような要領でサイトが作れる!」などがあげられます。「ふむふむ、なるほど!簡単なんだね。」第一印象はとても素晴らしいイメージをいだくかもしれません。そして、その次に思い浮かぶ考えの多くに、「ちょっとまてよ!WEBサイトはブログやワードみたいな感じだと困るんだよね。」という漠然としたイメージがあげられます。実際デザイン的にどうなのか?CMSにした方がいいのか?判断に迷わないように、デザインと更新両面からご説明いたします。

デザイン

デザインはかなり自由に表現することが出来ます。ただ更新に関わる部分はシステムフォント、つまりブログのようなフォントを使うことになります。チラシのような派手なビジュアルを掲載したければチラシを画像に変えてアップロードします。そういった意味で漠然としていますが、完璧にイメージしたとおりのデザインの実現は難しいです。しかしながら、現在世界のWEBサイトの25%以上がWordPress(CMSツール)で作られていると考えれば、一般的なWEBサイトを作るのにはデザイン的に問題が無いレベルと言っていいでしょう。更新とページ数、予算の兼ね合いを見ながら導入を検討しましょう。

更新(入力)画面

基本的に、ブログ、ワードのように簡単に更新できます。しかしながら、WEBサイトで実現したい要望が複雑になってきた場合、それ相応に運営フローは複雑になります。どのようなWEBサイトにして、運用にどの程度リソースがさけるのか?その辺りを吟味しながらCMS設計をするといいでしょう。

CMSのデザインは更新頻度と役割で考えましょうのまとめ

現在かなりの割合でWordPressをはじめとしたCMSツールを導入したWEBサイトが公開されています。そういった現状からもデザイン的に不安を感じる必要はあまり無いと考えていいでしょう。しかしながらキャンペーンサイト・PRサイトのように広告要素の高いWEBサイトに関してはあまりCMSは向かないので、WEBサイトの役割を明確にしてCMS導入を検討しましょう。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSツールとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る