CMS導入で押さえておきたいこと

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

CMS導入のポイント

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

CMSってかんたんって言うけど結局導入するとなるとそれなりの知識が必要なんじゃないの?

CMSを導入する際、担当者であれば難しい仕事が発生するのでは?操作を間違えてしまって会社の不利益を発生させてしまったらどうしよう?など、不安も尽きないことかと思います。そこで、導入の際に検討すべきことをいくつかご紹介します。

導入の目的

まず、何故CMSを御社のWEBサイトに導入するのか確認しましょう。それによってどのようなCMSツールを選定すればいいか、どのようにWEBサイト運営をしていくかを決めていきます。

CMSツールの選定

CMSツールの種類は多様を極めます。大きく分けると「オープンソース」「有料ツール」「制作会社オリジナル」「御社専用にフルスクラッチ」の4つに分類されます。シェアで言えば世界のWEBサイトの約25%はオープンソースのwordpressが導入されています。その他にも様々ありますので用途に合わせて選定しましょう。特にオリジナルやフルスクラッチはパートナーの制作会社に依存し続けなければならないといった公開後のデメリットもあるので慎重に選択する必要があります。

更新頻度・コンテンツの確認

どのページをどの程度の頻度で更新するかをイメージします。それによってサイト全体をどこまでCMS対応させるかを決定します。

運用体制の確認

誰が決裁を持ち、誰が更新をするのか?など管理者の権限を付与することもツールによっては可能です。公開してCMSを利用するのが困難なケースもまれにあります。操作画面がどのようになっているのか?運営用のマニュアルは支給されるのか?などは契約前に確認しておいた方がいいです。

CMS導入で押さえておきたいことのまとめ

CMSはブログやワードのように簡単に更新出来るというセールス文句をよく聞きますが、それはWEB担当者がCMSの操作方法を理解出来る場合です。まずCMSを操作が出来るかどうかもCMS選定の条件の一つにして、公開後の運営イメージをしっかり持ちましょう。きちんとした運営体制を構築しなければWEBサイト運営が困難なものになり、余計なランニングコストがかかってしまいます。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSツールとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る