WEBサイトのCMS化で検討すること/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

WEBサイトのCMS化で検討すること

WEBサイトのCMS化で検討すること

WEBサイトのCMS化で検討すること:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBサイトCMS化の前に

CMSツールは目的ありきで導入

まずは、何故CMSツールをWEBサイトに導入するのか?を確認しましょう。CMSツール導入理由によって、どのようなCMSツールを選定すればいいか、どのようにWEBサイト運営をしていくか?を決めていきます。

CMSツールの導入のタイミング

CMSツール導入のタイミングは、WEBサイトリニューアル時が一番おすすめです。理由は、既存のWEBサイト運用手法に発想が縛られずに、御社の事業や業務に最も適した形でCMSツールを導入できるからです。

CMSツールの導入の目的やタイミングなどは、『ホームページCMS化の判断基準』も合わせてご覧ください。

CMSツールの選定

CMSツールの種類は多様を極めます。大きく分けると「オープンソース」「有料ツール」「制作会社オリジナル」「御社専用にフルスクラッチ」の4つに分類されます。シェアで言えば世界のWEBサイトの約25%はオープンソースのwordpressが導入されています。その他にも様々ありますので用途に合わせて選定しましょう。

特にCMSツールのオリジナルやフルスクラッチでのシステム開発は、公開後もWEB制作会社にシステムを依存し続けなければならないデメリットもあるので慎重に選択する必要があります。

CMSツールの種類については、『おすすめCMSを比較!ホームぺージCMS化』も合わせてご覧ください。

WEBサイトの更新頻度と掲載コンテンツ

WEBサイトリニューアルの際は、「どの程度の頻度で」「どのページを」更新するかを新たに計画します。WEBサイトの更新計画に基づいてWEBサイト全体をどこまでCMS対応させるかを決定します。

WEBサイトの更新頻度

WEBサイトの更新頻度は高ければ高いほどいいです。もし月に一度しか更新しないWEBサイトであれば、WEBサイトをCMS化しない方が費用対効果が高い場合もあります。

CMSツールを導入しているWEBサイトであれば、少なくても週一度何かしらの情報を発信することをおすすめいたします。

WEBサイトへ掲載するコンテンツ

WEBサイトへコンテンツを掲載するのは、慣れないうちはとても大変です。白紙の上に絵を描くよりも、線画の上に色を塗る塗り絵の方が取り掛かりやすいように、最初にテーマをいくつか決めておくことをおすすめしています。

WEBサイトへ掲載するコンテンツのテーマが決まれば、集めてくる情報はテーマに沿った画像とテキストですのでなれない方でも比較的容易に準備することができます。

CMS導入後のWEBサイト運用体制

CMSを導入する前に、実際どのような体制で運用していくのか?をイメージしておく必要があります。理由は、CMSによって機能はさまざまで、採用したCMSツールが想定していた運用方法に対応していないということもあるからです。

CMSツールの便利機能

CMSの中でも特に便利機能が、権限振り分け機能です。この機能は、WEBサイト公開は誰が決裁権を持ち、誰がWEBサイトの更新を担当するのか?など管理者や担当者など、ユーザーによって扱える機能を細かく設定することができます。

CMSツールの管理権限機能で組織運用の図

CMSツールによってこの機能が搭載されていないCMSツールもあるので、採用の前に確認をしておきたいところです。

他にも、いざWEBサイトを公開した段階で、CMSツールを利用するのが困難であることが発覚されるケースもまれにあります。CMSツールの操作画面がどのようになっているのか?WEBサイト運営用のマニュアルは支給されるのか?などはCMSツール導入前の契約時に確認しておいた方がいいです。

WEBサイトのCMS化で検討することのまとめ

CMSはブログやワードのように簡単に更新できるというセールス文句をよく聞きますが、それはWEB担当者がCMSの操作方法を理解できる場合です。まずCMSを操作ができるかどうかもCMS選定の条件の一つにして、公開後の運営イメージをしっかり持ちましょう。

きちんとしたCMS運用体制を構築しなければWEBサイト運営が困難なものになり、余計なランニングコストがかかってしまいます。

ご不明な点、ご相談はいつでもお気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSのご相談・お見積りなどのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

WEBサイトのCMS化で検討することに関連する記事

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選