iPhoneユーザーに対してWEBサイトで情報提供する

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

スマートフォン対応で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイトって、iPhoneだとどうなりますか?

スマートフォン対応サイトは基本的にiPhoneでもAndroidでも同じように閲覧出来ます。

iPhoneへの設定

iPhoneユーザーに対してWEBサイトで情報提供する場合、WEBサイト側で『iPhoneからのアクセス拒否』の設定をしていない限り、スマートフォン対応サイトでもPCサイトでも携帯サイトでも、iPhoneからアクセスすることができます。

(1)iPhoneからPCサイトへアクセス
 ⇒スマートフォン対応サイトがあれば、そこにリダイレクト

(2)iPhoneからスマートフォン対応サイトにアクセス
 ⇒AndroidとiPhoneの両方で同様の内容を閲覧

(3)iPhoneから携帯サイトへアクセス
 ⇒iPhoneはPCという認識になるため、アクセス拒否→PCサイトへ

この例の他にも、iPhoneでは、デフォルトのブラウザがFlash非対応なため、サイト側がFlashを使用する場合、iPhone用に代替コンテンツを用意してあることもあります。いずれにしても、iPhone/Androidユーザーは日に日に増えています。まだホームページをスマートフォン対応されていない場合、早めの対応をおすすめします。

iPhoneユーザーに対してWEBサイトで情報提供するのまとめ

iPhoneでもAndroidでもWEBサイトを閲覧する際の基本的な違いはありません。それよりも、PCサイトのレイアウトやデザインをスマートフォンで提供することによる機会損失の方が深刻です。

御社のお客様がどの様なシーンでWEBサイトへアクセスするかを分析して、もしスマートフォンからのアクセスが多いようであれば出来るだけ早くスマートフォン対応することをおすすめいたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォン対応サイト構築のお問い合わせ

スマートフォン対応とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る