モバイルファーストで考えるスマ―トフォン対応

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

スマートフォン対応で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

「スマートフォン対応」は必要ですか?

デジタルネイティブと言われる10代、20代のスマートフォン利用率は7割を超える勢いです。今運営しているWEBサイトのターゲットが「誰」なのか?にもよりますが、もし若い年齢層がターゲットに含まれるならスマートフォン対応をしておくことをおすすめします。

モバイルファースト

最近ではモバイルファーストという考え方がWEB業界でも広まってきました。最初にスマートフォンからアクセスするユーザーに対して最適なアプローチを考え、その上でPCなど他デバイスの対応を考えるという手法です。

モバイルファーストがいいかどうかはケースバイケースですが、B to CのWEBサイトや、読み物コンテンツの場合はモバイルファーストの考え方を取り入れた方が良さそうです。

モバイルファーストとB to C

WEBサイトの中身にもよりますが、現在B to C向けのコンテンツの多くはスマートデバイスから閲覧されています。パソコンでのWEBサイト閲覧はオフィスから、プライベートはスマートデバイスでと棲み分けているユーザーが多いようです。

このことからも、モバイルファーストはB to CのWEBサイトと相性が良いと考えられます。

読み物コンテンツ

読み物コンテンツのコンテンツは例えば電車の中など、隙間時間に閲覧されることが多い傾向にあります。電車の中ではスマートフォンなどスマートデバイスで閲覧するユーザーがほとんどなので、やはり読み物コンテンツもモバイルファーストと相性がいいと言えます。

モバイルファーストとGoogle

Googleでも『2015年4月21日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます』と明言し始めました。

参照:ウェブマスター向け公式ブログ:検索結果をもっとモバイル フレンドリーに>>

Googleもモバイルフレンドリーを評価しているので、やはりモバイルファーストは必ず意識して検討する必要があります。

モバイルファーストで考えるスマ―トフォン対応のまとめ

WEBサイトはは可能な限りスマートフォンに対応して、ユーザーフレンドリーなウェブサイトを用意しましょう。スマートフォンフレンドリーはスマートフォンでの検索エンジン対策でも効果を発揮します。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォン対応サイト構築のお問い合わせ

スマートフォン対応とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る