スマートフォン対応サイト制作の準備と知識/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

スマートフォン対応サイト制作の予備知識

スマートフォン最適化作業の負担

既存WEBサイトをスマートフォン対応させる際の負担は大きく2種類

  • 新たにスマートフォン対応サイトを作成
  • レスポンシブサイト作成のノウハウ習得

いずれもかなりの労力が発生するので、WEBサイト担当者の負担は大きいです。

新たにスマートフォン対応サイトを作成

既存WEBサイトをスマートフォン用に再構成して制作します。スマートフォン用の企画・設計とコーディングを一からしなければならないので、新たにWEBサイト制作する程度の負担がかかります。

レスポンシブサイト作成のノウハウ習得

レスポンシブウェブデザインは、HMTLをPC版WEBサイトとスマートフォン対応サイトで共有して、CSS変更のみで各デバイス用に変換する手法です。既存WEBサイトを制作時に、スマートフォン対応を念頭に置いて設計していなければ、新たにWEBサイトを作る程度の負担がかかる可能性があります。

また、レスポンシブウェブデザインのWEBサイト制作は、通常のWEBサイト制作以上のノウハウや技術が求められます。

スマートフォン対応させる方法
スマートフォンサイト自動変換サービスを利用

URLを入力により既存のPC版WEBサイトを自動でスマートフォンに対応したWEBサイトへ変換してくれるサービスもあります。料金は、無料~とありますが、比較的安価で作れます。

あくまで既存WEBサイトが『スマートフォンで少し見やすくなる』だけで、『スマートフォン対応サイトはPC版WEBサイトのおまけ』といった印象があり、あまりおすすめは出来ません。

スマートフォン対応サイトをオリジナルで制作

PC版WEBサイトを作るように、デザイン・仕組みにこだわって、新たにスマートフォンに対応したWEBサイトを制作する方法です。制作料金はWEBサイトの規模や内容により様々ですが、目的・やりたいことが明確に決まっている場合におススメです。

スマートフォン専用サイトの制作や、既存WEBサイトをレスポンシブウェブデザインに対応することがスマートフォン対応サイトをオリジナルで制作する主要な方法です。

既製品テンプレートを選んで制作

スマートフォンに対応したWEBサイトのテンプレート(ひな形)があらかじめ用意されていて、その中から用途に見合ったテンプレートを選択して制作します。料金も、柔軟度もスマートフォン自動変換サービスとオリジナルでスマートフォン対応サイトを制作の間の様な感じです。

スマートフォン対応サイトの制作方法

スマートフォン対応サイトの制作方法

スマートフォン対応サイトは HTML5 + CSS3 を使って作成しますが、使うツール・素材・サービスによって細かい対応は様々です。現在のところ、スマートフォン対応サイトの制作方法は大きく2つの方法があげられます。

  • スマートフォン専用サイトで作成
  • レスポンシブウェブデザインで作成
スマートフォン専用サイトで作成

WEBサイトはスマートフォン対応サイトとPC版WEBサイトと、掲載するコンテンツやインターフェイスは、それぞれ独立した設計でWEBサイト制作します。WEBサイトを表示するHMTLCSSはそれぞれ別のファイルが必要で、管理が面倒だというデメリットがあるります。

その一方で、WEBサイトをどちらかのHTMLやCSSに影響されることなく制作することが可能で、機能面でもスマートフォン対応サイトとPC版WEBサイトと双方に適したUI(ユーザーインターフェイス)を持たせることが出来ます。

レスポンシブウェブデザインで作成

レスポンシブウェブデザインで制作するWEBサイトは、共通のHTMLファイルでスマートフォン対応サイトとPC版WEBサイトを制作・管理する手法です。

レスポンシブウェブデザインで制作するスマートフォン対応サイトは、Googleに推奨されていることもあり注目されています。

レスポンシブウェブデザインとスマートフォン専用サイト比較図

スマートフォンサイトのデバイス対応

スマートフォンで閲覧するWEBサイトで、近年徐々に少なくなってきましたが、AndroidとiPhoneで実装可能な機能が違う場合があります。

スマートフォン対応したWEBサイトでiPhoneユーザー/Androidユーザー双方に情報提供する際、WEBサイト側で『iPhoneからのアクセス拒否』あるいは『Androidからのアクセス拒否』の設定をしていない限り、スマートフォン対応サイトでもPC版WEBサイトでも、携帯サイトでも、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンからアクセスすることが出来ます。

スマートフォンでWEBサイトへアクセスしてきた際の例
  • スマートフォン対応サイトからPC版WEBサイトへアクセス
    スマートフォン対応サイトがあれば、そのページへリダイレクト
  • iPhone/Androidからスマートフォン対応サイトにアクセス
    AndroidとiPhoneの両方で同様の内容を閲覧
  • Androidから携帯サイトへアクセス
    スマートフォンはパソコンという認識のため、アクセス拒否からリダイレクト

この例の他にも、iPhoneの場合はFlash非対応なため、WEBサイト側がFlashを使用する場合、iPhone用に代替コンテンツを用意してあることもあります。

スマートフォン対応サイト制作を内製化するリスク

スマートフォン対応サイトが完成しない
片手間でWEBサイト制作のリスク

WEBサイト担当者はWEBサイト運営以外の業務に従事しているケースも多く見受けられます。WEBサイトの規模にもよりますが、イレギュラー案件として片手間でWEBサイト制作するには負担とクオリティ担保のリスクが大きいです。

スマートフォン対応サイト公開先延ばし

複数の業務を並行している担当者が、WEBサイト公開先を延ばしするケースはよくあります。自社内案件で納期が無いとついつい後回しになってしまい、WEBサイトをスマートフォン対応すると決めても、完成しないまま時間が過ぎていってしまうのです。スマートフォンで閲覧するユーザーが増え続けているにも関わらずに機会ロスが続きます。

スケジュールが先延ばしの図

WEBサイトのクオリティー担保が困難

WEBサイトはユーザーインターフェイス(UI)一つとっても、採用時の選択には経験が必要で、実装にもそれなりのノウハウが必要です。

デザインクオリティに関してもWEBサイト制作専門のプロと比べると「う~ん・・・」となってしまう可能性は大きいです。やはり『餅は餅屋』WEBサイト制作の負担をアウトソーシングして、本来のお仕事に専念していただくことをお勧めいたします。

機会損失によるリスク

iPhoneでもAndroidでも、WEBサイトをスマートフォンでの閲覧するのに基本的な違いはありません。一方、PC版WEBサイトのレイアウト・デザインをスマートフォンの画面で提供することによる離脱・機会損失は深刻です。

御社のお客様がどの様な経緯でWEBサイトへアクセスするかをきちんと分析して、もしスマートフォンからのアクセスが多いようであれば出来るだけ早くスマートフォン対応することをおすすめいたします。

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識のまとめ

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識、いかがでしたか?WEBサイトをスマートフォン対応させる際、価格で選ぶならばスマートフォン自動変換サービスを取り入れた方が、時間と実費を大きく削減することが出来ます。一方で、WEBサイト公開後にスマートフォン対応サイトから得られるメリットは限定的になります。

また、基本的に通常のWEBサイトを作ることが出来ればスマートフォン対応サイトは制作出来ますが、もしより効果の高いWEBサイトを希望される場合、PC版WEBサイト制作の知識の他にデバイスごとの専門的な知識が必要になります。自社でスマートフォン対応サイトを制作するとなると『専門的な知識の情報収集をしなければならない負担』『手探りで作業経験を積んで行かなければならないリスク』の発生は避けられません。

スマートフォン対応サイトをどうするかは「外部制作会社へ発注するリスク」と、「自社で制作するリスク」を比較して判断してみるといいでしょう。WEBサイトのスマートフォン対応に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォンサイト構築のご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
スマートフォン対応サイト制作

スマートフォン対応サイト制作の準備と知識に関連する記事

スマートフォン、指のアクション名称一覧
スマートフォン、指のアクション名称一覧

WEB担当者にとってアクションの名称を覚えることは必須ではありません。もし、パートナー(業者)との会話の中でわからないことがあれば聞けばいいと思います。しかし、これらの名称と動きを一度確認しておけば、会話の中で聞いてすぐにイメージと結びつくことが出来ますので是非このページの内容を確認しつつスマートフォンを操作してみて下さい。

スマートフォンサイト制作料金の相場感
スマートフォンサイト制作料金の相場感

WEB担当者であればスマートフォン対応サイトを発注する際、料金の相場感はイメージしておきたいですよね。実際に料金のかかる項目は、スマートフォン対応サイトとPC版WEBサイトと同じくらいと考えておけばいいかと思います。あらかじめ発注の前に、このページで料金や項目などの情報をキャッチしておけばスムーズ導入はスムーズです。

レスポンシブデザインのメリットと特徴
レスポンシブデザインのメリットと特徴

レスポンシブデザインは1枚のHTMLファイルで、スマートフォン対応サイトとPC版WEBサイトを制作・管理する手法です。Googleにも推奨されていることもあり現在スマートフォン対応サイトの主流となっています。レスポンシブウェブデザインの特徴やメリット・デメリットをこのページで紹介しています。是非導入の比較検討材料にしてください。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選