サイトマップで検索エンジンに正しくINDEXしてもらう

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

SEO(検索エンジン)対策で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

Googleなど検索エンジンのアルゴリズムにホームページの構成を知らせるXMLサイトマップ。具体的にどのような役割を果たすのか?また、設置にはどのような作業が発生するのかを解説しています。

XMLサイトマップは、あなたのWEBサイトのページ構成や更新頻度などを正しく検索エンジンのクローラーに知らせる為のxml形式のファイルです。

SEO(検索エンジン)対策とXMLサイトマップ

検索エンジンのクローラーはリンクを辿ってあなたのWEBサイトにたどり着きます。そして、リンクを辿ってあなたのWEBサイトをインデックスします。ですので、きちんとリンクがされていなかったり、ページ数が膨大なWEBサイトではクローラーが上手く全てのページを巡れない場合があります。XMLサイトマップはその不具合を改善して、より正確な情報を検索エンジンに伝えて評価をしてもらう為のファイルと考えていいでしょう。例えば、下記のようなケースではクローラーは正確なインデックスが出来ませんが、XMLサイトマップがあればXMLのリンクからページを見つけることが出来ます。

  • WEBサイトのサイズが大きく、クロールを完全にすることが出来ない
  • WEBページがどこからもリンクされていない
  • WEBサイトの構造に誤りがあり、適切にリンクされていない
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない

XMLサイトマップの具体的な表記

XMLサイトマップは下記のような形式で情報(リンク先・更新頻度・重要度・更新日など)を検索エンジンに伝えます。

<url>
<loc>http://blog.k2-interactive.co.jp/</loc>
<priority>1.0</priority>
<changefreq>weekly</changefreq>
</url>
<url>
<loc>http://blog.k2-interactive.co.jp/category/column</loc>
<priority>0.8</priority>
<changefreq>weekly</changefreq>
</url>
<url>
<loc>http://blog.k2-interactive.co.jp/category/website</loc>
<priority>0.8</priority>
<changefreq>weekly</changefreq>
</url>
</urlset>

XMLサイトマップ自動生成ツール

保存形式はutf-8、ファイル名はsitemap.xmlとし、多くの場合はルート直下に配置します。また、XMLサイトマップを毎回更新するのはとても大変です。自動で変換してくれるサービスもあるので紹介しておきます。

WEBマスターツール

サイトマップの配置が完了したら、WEBマスターツールを使い更新を検索エンジンに伝えます。

サイトマップで検索エンジンに正しくINDEXしてもらうのまとめ

SEOを考えるときに最初にするべき大切なことの一つがXMLサイトマップの配置とWEBマスターツールの設定です。必ずXMLサイトマップは作成してあなたの作ったWEBサイトを検索エンジンに正しく伝え評価してもらいましょう。

SEOやその他検索エンジン対策に関しては、『検索エンジンフレンドリーで安定したWEBサイト運営』もあわせてご覧ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

SEO(検索エンジン)対策とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る