GoolgeのPageRankとSEO(検索エンジン)対策について

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

SEO(検索エンジン)対策で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

GoolgeのPageRank終了に伴いどのような影響が発生しているのか、また、SEO(検索エンジン)対策ではどのような点に気を付ければいいのか?を解説しています。

GoogleのPageRankが終了したと言われていますが、正確にはGoogle ToolbarのPageRankの更新を予定していないと発表しました。

Google の評価傾向

『価値あるWEBサイトは多くのWEBサイトから被リンク(引用)される。また被リンクの多いWEBサイトからリンクされるサイトは価値あるWEBサイトである。』このようなGoogleの基本的な考え方が検索アルゴリズムの基になっています。PageRankの結果にも上記の内容が影響されてきました。以前、Googleは1月に一度程度インデックスを更新し、その都度PageRankを更新しツールバーに反映していました。今はほぼリアルタイムでインデックスを更新するのでツールバーに記録する必要がなくなったのだと考えられます。
PageRankの最新更新は2013年12月)

しかし、上記のようなオーソリティー(専門性)の高いサイトをGoogleが評価する傾向はますます高くなってきています。このことから例えツールバーにPageRankが表示されなくなっても、専門性の髙いWEBページを用意し、また、専門性の髙いWEBサイトからリンクをもらう事は重要です。

GoolgeのPageRankとSEO(検索エンジン)対策についてのまとめ

PageRankが終了したというより、PageRankをツールバーに表示する為の更新を終了したと考えるべきだと思います。このことはGoogleの評価をより正当なものにし、安易なサイト・リンク売買による質の悪いWEBサイトが高評価を受け検索結果の上位に入ることを防ぐことが出来ます。今後は、上位結果を狙う場合、地道に専門性の高いWEBページを増やしていくことが長期的に一番の検索エンジン対策になります。

SEOやその他検索エンジン対策に関しては、『検索エンジンフレンドリーで安定したWEBサイト運営』もあわせてご覧ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

SEO(検索エンジン)対策とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る