キュレーションサイトを利用して情報発信するメリットは?

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

最近キュレーションサイトって良く聞きますがどんなサイトなのでしょう?

キュレーションとは特定のテーマの情報を収集してそれを共有することです。ここから派生して、情報をまとめたサイトのことを「まとめサイト」「キュレーションサイト」などと呼ぶようになりました。

キュレーションサイトの活用

専門的な情報を収集するにはかなりの知識が必要で、その専門家のことをキュレーターと呼びます。もともとは美術館や展覧会などの展示場のキュレーターが語源ですが、最近ではインターネットの世界でもキュレーターやキュレーションサイトが注目をされています。。

膨大な情報があふれているインターネットの世界で、テーマに沿った有益な情報をまとめてあることはユーザーにとても価値があります。しかしながら2017年6月現在では、無造作にサイトを集めたキュレーションサイトが氾濫したのが原因でGoogleがキュレーションサイトの評価を下げるようになりました。

代表的なキュレーションサイト

Gunosy

様々なテーマに分かれてニュースなどの情報サイトをキュレーションしています。ユーザーの好みに合わせた情報が掲載されるアルゴリズムの様です。また、クリップ機能でユーザーがストックしたい情報がまとめられます。

はてなブックマーク

元祖ソーシャルブックマーク。ユーザーがブックマークを共有できるサービス。

NAVERまとめ

ユーザー参加型のキュレーションサービスです。様々なテーマに分けられ、サイトを紹介しています。

キュレーションサイトを利用して情報発信するメリットは?のまとめ

運営するWEBサイトの専門性を高めてSNSで積極的に発信していけば、キュレーションサイトにピックアップされるかもしれません。人気のキュレーションサイトに掲載されたらWEBサイトへのアクセスの数はグンと増えます。また専門性の高い(まとめ)WEBサイトから被リンクもされるので検索エンジンの評価もまた高くなります。まずは、運営するWEBサイトを積極的に更新して情報を発信することがとても大切です。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

あなたのWEBサイト、外部メディアとの連携出来てますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る