モバイルファーストが重要な3つの理由/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

モバイルファーストが重要な3つの理由

モバイルファーストが重要な3つの理由

モバイルファーストが重要な3つの理由:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

モバイルファーストのはじまり

モバイルファーストとは、2009年にルーク・ウルブルスキー(米国)が提唱した言葉です。

More often than not, the mobile experience for a Web application or site is designed and built after the PC version is complete. Here's three reasons why Web applications should be designed for mobile first instead.

引用:LUKEW IDETION + DESIGN

要約すると以下のようです。
『多くの場合は、PCサイトを構築した後でモバイル用のWEBサイトやアプリを構築する。モバイルを先に作るべき理由は3つある』

  • モバイルは爆発的普及をしてきている
  • 本当に必要なコンテンツにフォーカスする
  • モバイルの能力を拡張する

モバイルファーストが重要な3つの理由

モバイルは爆発的普及をしてきている

『2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5%』『2014年10月スマートフォン所有率は59.0%』

参考:MMD研究所

上記データが示す通りスマートフォンは2009年の提唱時よりも遥かに普及率が高くなっています。

『「スマホ」の所有率は70.7%』

参考:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より

2016年にはさらにスマートフォンの所有率が向上しています。

本当に必要なコンテンツにフォーカスする

モバイルはPCと比べても画面が小いので、本当に必要な情報のみを掲載しなければなりません。モバイル、つまりスマートフォンの小さい画面に対応するメリットは『スマートフォン対応サイトのメリットと効果』でも紹介しています。

モバイルの能力を拡張する

モバイル独自の機能、例えばカメラ機能やGPS機能などを活用してサービスを作り上げるようにします。つまり、先にモバイル用にコンテンツを考えることで、イノベーションが起こるのです。

この観点から考えると、WEBサイトのスマートフォン化はレスポンシブウェブデザインよりも、スマートフォン専用サイトで構築する方がより望ましいと言えます。スマートフォン専用サイトの特徴やメリットは『スマートフォン専用サイト構築のポイント』でも紹介しています。

モバイルファーストが重要な3つの理由のまとめ

モバイルファーストという言葉が今になって脚光を浴びはじめていますが、本来はスマートフォン対応や、RWD(レスポンシブウェブデザイン)を作ることを目的とした言葉ではありません。

モバイルにフォーカスしてコンテンツアイデアを巡らせることで『イノベーションを起こす』ということがモバイルファーストの本質だと考えられます。

また私たちは、モバイルファースト に関しては、御社のWEB戦略パートナーとしてお役に立てるご支援をしています。いつでもお気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBサイト運営に関するご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

モバイルファーストが重要な3つの理由に関連する記事

コンテンツマーケティングでコミュニケーション強化
コンテンツマーケティングでコミュニケーション強化

インターネットが普及した今だからこそ、オウンドメディアで情報配信をしてオンリーワンな販売チャンネルを構築することが出来ます。コンテンツマーケティングでは、積極的にWEBサイトを更新して、ユーザー(顧客)とのコミュニケーションを活発し、御社のWEBサイトでより強固なサービス展開をすることが可能です。

WEBサイトのリニューアル、運営まで見据えて設計します。

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選