ホームページCMS化の判断基準/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

ホームページCMS化の判断基準

ホームページCMS化の判断基準

ホームページCMS化の判断基準:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

CMSツール導入の効果と注意点

CMSツール導入で得られる効果

CMSツールはかんたんにホームページを更新できることだけがメリットではありません。ホームページを更新をするたびに発生していた外注コストを削減、リリース前の機密情報の取扱いリスク回避、起案から公開までのスピード化など、様々な面でCMSツールの導入効果が表れます。

ホームぺージの運営目的によって、CMSツール導入可否の判断が変わります。もちろん全く更新予定の無いホームぺージであれば、CMSツールを導入する必要はありません。

CMSツール導入で得られる効果のポイント
  • 更新の際に発生する外注費用の削減
  • 情報公開のスピード化
  • リリース前の秘密情報保持
  • ホームぺージガバナンスの統制

これらのポイントをきちんと検証して、CMSツール導入を検討しましょう

CMSツール導入の際の注意点

CMSツールはメールやブログ程度のパソコン操作ができれば、かんたんにホームページを更新できる魅力的なツールです。ホームぺージ運営体制にマッチしたCMSツール導入すれば、数年のホームページ運営で更新頻度の少ないホームページの何倍もの成果得ることもあります。

一方、CMSツールを導入するには、開発初期費用が発生します。内容によっては、普通にホームページ制作するよりも、数倍の時間とお金がかかってしまうこともあります。CMSツール導入の際は、効果と初期費用を比較して検討してみるといいでしょう。

CMS導入のデメリットは『CMS導入のメリット・デメリット』でも詳しく解説します。こちらもあわせてご覧ください。

CMSツール導入にはホームページ運営設計が重要

また、CMSツールは複雑なシステムで構成されています。ホームぺージにシステムが組み込まれている部分はかんたんには改修できません。更新しやすい部分と改修が難しい部分がはっきりと分かれます。そのためCMSツールを組み込む前に、綿密なホームページ運営設計をする必要があります。そのホームページ運営設計を基に、CMSツールをホームページに組み込んでいくことになります。

CMSで更新可能な場所を示す例

上記の図は一例ですが、オーソドックスなサンプル事例です。ピンク色のエリアは更新が難しく、水色のエリアは更新可能なエリアです。このように図に示すとわかりやすいです。

結果、ホームページ運営はCMSツールのシステムに依存するので注意が必要です。

CMSツール導入で気をつけるポイント
  • 開発に費用と期間がかかる
  • システムに依存した運営になる
  • 効果と費用の比較検討が必要

ホームぺージ運営体制の場合別でCMS化検討

ホームページをCMS化して成果を出すためには、ホームページ運営体制をきちんと整えることが大事です。ホームページ運営ルールを基に更新してはじめて成果につながります。

ホームぺージにどのような成果を期待するのか?成果につなげるためにはどのようなホームページ運営体制が必要か?あなたのホームページ運営体制に合わせてCMSツールを選定します。

多店舗展開をしているショップで使いたい場合

管理権限機能のついているCMSツールなら、店舗ごとにホームぺージを管理することができます。例えばエリアマネージャーは担当エリアの全ての権限を持ち、店長は店舗の全ての権限を持ち、担当者は更新のためのテキスト入力・写真掲載はできるけど公開権限は持たない、といったCMS運営体制です。

検索エンジン(SEO)対策をしたい場合

タイトルタグやメタタグなど主要タグのキーワードを一覧で表示でき、かんたんに更新できるCMSツールがおすすめです。アクセスが思わしくない場合、タイトルタグやディスクリプションの変更はとても大切な検索エンジン対策となります。

ホームぺージをまとめて管理したい場合

公式サイト/キャンペーンサイト/採用サイト/など、複数のホームぺージを同時にコントロールできる機能を持つCMSツールが必要です。

あくまで事例の一部です。どのような目的・体制でホームぺージ運営しているかで必要なCMSツールも変わります。最初の導入時点でのCMSツール選定が、その後のホームぺージ運営で成果に大きく影響をもたらします。

ホームぺージ運営体制については『WEBサイトのCMS化で検討すること』でも詳しく解説します。こちらもあわせてご覧ください。

ホームページリニューアル時にCMS化

CMSツール導入のタイミングは、ホームぺージに大きく手を加えるときに一緒にCMSツールをご検討することをおすすめいたします。例えばホームぺージリニューアルを検討のタイミングです。

おすすめのCMSツールは運営方法に異なる

ホームぺージ運営をどのようにしていくか?により、おすすめのCMSツールは異なります。現状のホームページ運営体制のままCMS(自動)化したい場合もあるかと思いますが、折角費用をかけて導入するCMSツールです。今一度、ホームページ運営体制を根本から見直してみましょう。

私たちは、これらの状況を一緒に検討して、「現状維持のまま自動化する」もしくは「ホームページ運営体制を根本から変える」の判断をして、それに見合った形でCMSツール導入支援いたします。

CMSツール導入前の検討ポイント
  • ホームぺージリニューアル時にCMSツール導入検討
  • ホームぺージ運用体制の確認と見直し
  • ホームぺージ運用体制に適したCMSツールを選定

おすすめCMSを比較!ホームぺージCMS化の準備』で、私たちがおすすめするCMSツール・サービスを紹介していますので、もしよければご覧ください。

ホームページCMS化の判断基準のまとめ

ホームページCMS化の判断基準のまとめ、いかがでしたでしょうか?ご紹介したように、CMS導入で大切なのは、どのようなホームぺージ運営をするか?を事前にイメージして、それに適したCMSツールを選定することです。

CMSツールには様々な機能が搭載されていて、とても魅力的です。きちんと目的を決めて導入すれば、御社のホームページ運営に大変貢献するツールとなります。

「現在公開されているホームページ」でも「これから公開する予定のホームページ」でも、CMSツール導入をご検討であれば、是非お気軽に私たちにご相談・お問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSのご相談・お見積りなどのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

ホームページCMS化の判断基準に関連する記事

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選