CMSツール導入でビジネスに成果/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

CMSツール導入でビジネスに成果

 

「CMS」をどう運用すればビジネスで役立つの?

CMSツールはきちんと用途に合わせたものを導入し運用すれば、あなたのビジネスにとてもいい成果をもたらします。ビジネスにも役立つきちんとしたCMS運用方法とはどのようなことか?ご紹介いたします。

CMSツール導入でビジネスに成果:目次

CMSツールを場合別に検討

CMSツールを導入してビジネスで成果を出すためには、ホームページの運用体制をきちんと整えることが大事です。ホームページの運用ルールを基に更新してはじめてビジネスの成果に繋がります。

ホームぺージにどのような成果を期待するのか?ビジネスの成果につなげるためにはどのような運用体制が必要か?あなたのビジネスに合わせてCMSツールを選定します。

多店舗展開をしているショップで使いたい場合

管理権限機能のついているCMSツールなら、店舗ごとにホームぺージを管理することが出来ます。例えばエリアマネージャーは担当エリアの全ての権限を持ち、店長は店舗の全ての権限を持ち、担当者は更新のためのテキスト入力・写真掲載は出来るけど公開権限は持たない、といった運用体制です。

検索エンジン(SEO)対策をしたい場合

タイトルタグやメタタグなど主要タグのキーワードを一覧で表示出来、かんたんに更新出来るCMSツールがおすすめです。アクセスが思わしくない場合、タイトルタグやディスクリプションの変更はとても大切な検索エンジン対策となります。

ホームぺージをまとめて管理したい場合

公式サイト/キャンペーンサイト/採用サイト/など、複数のホームぺージを同時にコントロール出来る機能を持つCMSツールが必要です。

あくまで事例の一部です。どのような目的・体制でホームぺージを運営しているかで必要なCMSツールも変わります。最初の導入時点でのCMSツール選定が、その後のホームぺージ運営でのビジネスの成果に大きく影響をもたらします。

ホームページをCMSツールで積極的更新

良い道具を得ただけではビジネスの成果にはつながりません。ホームページを積極的に更新して、ユーザーにとって価値ある情報を提供してはじめて成果につながります。

CMSツールでの更新個所の決定

ホームページのどの部分をCMSツールを用いて更新するかを決めます。もちろん、全ての内容を更新可能にすることは出来ますが、CMSツールの管理画面の中身が複雑になってしまいます。どこまでをCMSツールの通常更新範囲にするか検討します。

ホームぺージ更新記事のカテゴリ

CMSツールを使ったホームぺージ更新箇所が決まったら次にテーマ(カテゴリ)を考えます。白紙に文章を書いていくのはとても大変ですが、テーマが決まっていると文章が書きやすくなります。例えば「ニュース」「ノウハウ」「キャンペーン」「CSR」などです。

CMSツール運営前の検討事項
  • ホームぺージの通常更新箇所を決める
  • 更新コンテンツのテーマ(カテゴリ)を決める
CMSツール導入でビジネスに成果のまとめ

CMSツール導入でビジネスに成果、いかがでしたでしょうか?CMSツール導入で大切なのはどのようなホームぺージ運営をするか?を事前にイメージして、それに適したCMSツールを選定することです。

最適な道具を得たら、どのように運営するか?を考えます。つまり、更新箇所や、更新テーマを考えなければなりません。お客様それぞれに、「運営体制」「お客様のニーズ」「商品・サービスの形態」など様々ですので、ヒアリングを基に御社に最適なご利用方法をご提案いたします。
詳しくはお問合せ下さい。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

CMSツール導入でビジネスに成果に関連する記事

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る