「404 Not Found」ページを有効活用するアイデア/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

「404 Not Found」ページを有効活用するアイデア

 

ページを削除したいけど、外部リンクもあるしどうしたらいいの?

404ページを作成して訪問したユーザーにページが無いことをお知らせしましょう。

「404 Not Found」ページを有効活用するアイデア:目次

404ページって何?

Not Found と大きく書かれたページをご覧になったことはありませんか?通常、ページが存在しない場合にサーバー側からNot Foundの情報を返すようになっています。それでは少し寂しい、また、折角訪問してくれたユーザーにもう少し有用な情報を提供したい。そのような時、エラー情報をカスタマイズしたエラーページを404ページと呼びます。

ユーザーフレンドリーな404ページ

ページを削除した時に、ただ『Not Found』と表示させるだけでは、せっかく興味を持ってアクセスしてきたユーザーをがっかりさせてしまうことになります。「その都度アーカイブページへリダイレクト!」という手もありますが、毎回だと更新も管理も大変ですよね。

404 ページ(リンク切れのページ)をカスタマイズして、「ユーザーに有益な」かつ「ちょっとした宣伝になる」ページに作り変えてはいかがでしょうか?

Googleおススメする以下の点に気を付けながら404 ページを作成してみましょう。

ページが存在しない旨をきちんと伝える

ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを例えば「お探しのページは見つかりませんでした。」など明確に伝えます。その際は意識して、親しみやすく魅力的な言葉を使用します。

ユーザビリティーを配慮しナビゲーションを統一

404 ページをナビゲーションまわりなど含め、他のページデザインと統一します。そうすることにより、ナビゲーションを駆使しすればユーザーが目的のページを探すことができます。

人気の記事などへ誘導するリンクを設置

コンテンツ内の「お探しのページは見つかりませんでした。」などのテキストに続けて、トップページやサイトマップへのリンクを設置しておけば、よりユーザーに優しいページになります。さらに最も人気のある記事や投稿へのリンクも追加してユーザーにページの回遊を促します。ブログやショッピングサイトなどは、人気の記事(商品)の他に最新情報を載せてもよさそうですね。

ユーザーに教えてもらう

無効なリンクを報告する方法を提供して、ユーザーに助けていただくのも1つの方法です。

「404 Not Found」ページを有効活用するアイデアのまとめ

カスタマイズ次第で、単なるリンク切れのページが有益な情報ページとして活用できるようになります。リンク切れのページがまだ「404 Not Found」と表示されているのなら、一度試してみてはいかがでしょうか?

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

「404 Not Found」ページを有効活用するアイデアに関連する記事

プレスリリースを無料で配信出来るWEBサイト
コンテンツマーケティングでコミュニケーション強化

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る