WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

海外向けWEBサイトってどうやって作るの?

既存のWEBサイトを海外向けに展開したい時に、ほとんどのケースで一番最初に意識するのは言語です。海外向けにサイトを作る際に多言語・特定言語どちらであるかに関わらず共通して注意する必要があること柄をご紹介します。

文字化けの問題

文字コードは日本語とも相性がいい「utf-8」がいいでしょう。[utf-8]は多言語を扱うためのUnicodeの符号方式のひとつです。[utf-8]にすれば、日本語のみならず様々な言語を文中に取り入れても文字化けることが少く、日本でよく使われるデータベース(MySQL)でも[utf-8]は広く使われていています。既存CMSなどをそのまま多言語展開する場合も[utf-8]が便利です。

翻訳時の問題

日本語をそのまま訳せばいいというわけでもありません。意味は同じでも国によって言い回しが違ったり、刺さる表現も違います。また、例えば日本を紹介するWEBサイトでは、日本人にはよく知られている地名でも、外国人には判らないことがあります。日本人に対してよりも親切に情報を掲載する必要があります。また、表記として英語圏の方に英語表記で地名を伝えても、いざ日本来て(例えばスマートフォン等で)アルファベット表記の地図や案内を見ても、実際の表記が日本語の為わからないことがあります。アルファベットと日本語の併記をするなどの工夫が必要です。

デザインの問題

日本のWEBサイトは多くの情報を整理して、情報量も多くびっちり配置しているケースが多いですが、国によってはシンプルなページが好まれるケースもあります。国内のサイトのコピーではなく、WEBサイトを展開する国の情報を収集してどのようなサイトにしていくか決めることが大事です。WEBサイトをグローバル(多言語)展開を考える場合は、ローカル(現地)を研究しつつグローバルデザインは統一感のあるものにする必要があります。

メタ設定の注意点

複数の言語でコンテンツを提供するウェブサイトや地域別にコンテンツを提供するウェブサイトの場合、Google では rel="alternate" hreflang="x" 属性を使用して、適した言語や地域の URL を検索結果で返しています。
(引用:ウェブマスターツールヘルプ

ドメインについて

ドメインに特にこだわりが無い場合は国によって変える必要が無い[.com]であればドメイン管理が楽なのでおすすめします。その際は、地域性と紐づける為にウェブマスターツールで設定する必要があります。国に紐づいた「.jp」や「.co.jp」などを利用している場合は、自動的に地域との関連づけられます。

WEBサイトで海外に情報を発信する際の注意点のまとめ

グローバルデザインと掲載内容を保ちつつも、現地のニーズや流行を取り入れることが成功の鍵になります。特に、日本語を直訳しただけの翻訳サイトを作ることはお勧めしません。表現ひとつとっても現地で魅力的な言い回しがあります。市場調査から最終的にはネイティブチェックをしてサイトを公開するのが良質な多言語サイト構築の流れです。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

多言語サイト制作実績

あなたのWEBサイト、海外の人にもきちんと見られてますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る