アクセシビリティーについて/台東区のホームぺージ制作とインバウンド対応支援会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

アクセシビリティーについて

アクセシビリティーについて

アクセシビリティーについて:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

アクセシビリティのJIS(日本工業規格)化

1999年、WEBサイトの国際的標準化団体であるW3CがWCAG1.0(ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0)を公表。日本ではWCAG1.0を基に2004年6月20日にアクセシビリティが、JIS(日本工業規格)化されました。その後、WCAGはバージョンが2.0になり、現在日本のJIS規格はWCGA2.0とほぼ同様の内容となっております。

技術仕様とガイドラインでユニバーサルアクセスを実現

また技術仕様では、2014年10月にはW3CがHTML5の仕様を勧告しました。それに伴い新たに、「WAI-ARIA 1.0」が勧告されました。これはスマートフォンの出現により様々な機能追加されたWEBサイトに一定基準のガイドラインを設けることでユニバーサルアクセスを実現することを目的としています。

アクセシビリティーについてのまとめ

全てのWEBサイトがアクセシビリティ―に準拠必要はありません。例えば、公共機関や社会的に影響のある大きな企業など公共性の高い事業のWEBサイトであれば、であればアクセシビリティ―を厳しくチェック・管理しています。アクセシビリティ―の考え方はGoogleの検索エンジンに対してもフレンドリーですので、ある程度の実装は意識した方が良いかと思います。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ホームぺージ運営に関するご相談・お問い合わせ

Twitterへリンク

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

アクセシビリティーについてに関連する記事

ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント
ユーザビリティーで注意すべき3つのポイント

ユーザビリティを考慮する上で大切なのは、『誰に向けて何を伝えるか』が明確になっていることです。ホージホームの目的を明確にして、きちんとターゲットユーザーを決めた上で、ユーザビリティーを考えるようにします。目的達成へ最善の手法として、ユーザビリティーを考えることがWEBサイト運営成功の鍵になります。是非ご一読ください。

スタートアップだからWEBサイト運営注力

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 8 選