CMSツール導入のメリット・デメリット/台東区上野のWEB制作/訪日外国人集客会社

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の相談室

CMSツール導入のメリット・デメリット

 

「CMS」ってなんですか?

CMSは(コンテンツマネジメントシステム Content Management System)の略称で、ホームぺージのテキストや画像を体系的に管理し配信することが可能なシステムです。

CMSツール導入のメリット・デメリット

CMSツール導入のメリット・デメリット:目次

CMSツールの特徴

CMSツールを使えばHTMLやCSSのようなホームぺージ制作の技術を持たない人が、ワードやエクセルを使う要領でかんたんにホームぺージを更新することが出来ます。ホームぺージ更新用の管理画面はブログサービスなどの更新画面と近いイメージです。

ホームぺージのクオリティ均一化

ホームぺージ更新を複数人で、または当番制で更新する場合、クオリティがバラバラになってしまうことがあります。そのようなリスクが起こりにくいのもCMSの特徴です。

ホームぺージの運用体制に貢献

ホームぺージの管理者権限が細かく設定出来るCMSツールもあります。担当ごとに管理権限を振り分ければ、担当者ごと更新箇所が別れるので、誰が何の作業を担当するか明確になります。

リニューアル時にホームぺージのCMS化を検討

ホームぺージのリニューアル時にCMS化することは、上記で例にあげたようにホームページで成果を出すためにも運用にいい影響が続きます。是非、CMSツール導入後検討してみてください。

CMSツール導入のメリットはCMS導入支援にも詳しく記載しています。こちらのページも合わせてご覧ください。

ホームページをCMS化するメリット

CMSツール導入の魅力

CMSツール導入の最大の魅力は、ある程度パソコン操作の知識があれば、ホームぺージをかんたん更新出来ることです。ブログの要領で更新できるので、デザイン、レイアウト面できちんと設計しないと運用してから困ることになりますが、融通が利かない分ホームぺージ全体のクオリティーを担保することが出来ます。

CMSツール導入のポイント

ホームページをCMS化するデメリット

CMSツールを導入する際の注意点

ホームページの更新費用削減などをうたい文句にしているセールスを見かけますが(本ホームページでもCMS導入支援のページで更新費用削減を記載しています)、こちらは少し注意していただきたいです。

ホームページをCMS化する際は、CMSツール(ソフトウェア)を導入します。CMSツールの組み込み費用や、CMSツールのグレードによってはソフトウェア自体にも費用が掛かります。ホームページをCMS化すると更新費用は安くなるのか?導入前にきちんと比較・調査をすることをおすすめいたします。

また、CMSツールを導入すれば社内でホームページの更新が可能になります。CMSツールの操作はかんたんですが、ブログ記事を投稿する程度の負担はかかります。

CMSツール導入の注意点
  • 初期投資が一般的なホームぺージ制作より高い場合が多いです。
  • ブログを更新するのと同程度の手間がかかります。
CMSツール導入のメリット・デメリットのまとめ

CMSツールを導入するにはメリットもデメリットもあります。ホームページをリニューアル、CMSツールを導入する段階で「どのようなホームページを作るか? 」「ホームページの目的は何なのか?」「 ホームページ運営はどのようにしていくか?」 をしっかり決めてから、CMSツール選定・導入することをおすすめします。

CMSツール導入のご相談はお気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

CMSツール導入のメリット・デメリットに関連する記事

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

WEBマーケティング

WEBマーケティング

顧客とのコミュニケーション課題を解決して、御社のビジネスを成功につなげるWEBマーケティングのプロ集団です。

WEBマーケティング

インバウンド集客PR

インバウンドの集客PR

IT/SNSを使ったプロモーションからイベント開催まで一貫したO2Oブランド構築で集客・PRをご支援をいたします。

インバウンド集客PRを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る