CMS導入のメリット・デメリット/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

CMS導入のメリット・デメリット

CMS導入のメリット・デメリット

CMS導入のメリット・デメリット:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

CMSツール導入の基礎知識

CMSツールを使えばHTMLCSSのようなホームぺージ制作の技術を持たない人が、ワードやエクセルを使う要領でかんたんにホームぺージを更新することができます。ホームぺージ更新用の管理画面はブログサービスなどの更新画面と近いイメージです。

CMSツールでホームぺージのクオリティ均一化

ホームぺージを複数人で当番制で更新する場合、クオリティがバラバラになってしまうことがあります。そのようなリスクが起こりにくいのもCMSツールを利用したホームページ更新の特徴です。詳しいことはホームページをCMS化するメリットの方にも記載いたします。

CMSツールの管理権限機能でホームぺージを組織運用

CMSツールの中には、ホームぺージの管理者権限が細かく設定できるのもあります。担当者ごとに管理権限を振り分ければ、誰が何の作業をするかが明確になり、更新を混乱なく進めることができます。

CMSツールの管理権限機能で組織運用の図

ホームぺージリニューアル時にCMSツール導入を検討

ホームぺージのリニューアル時にCMSツールを導入すれば、運用時にメリットが沢山あります。是非、CMSツール導入後検討してみてください。

CMSツール導入のメリットはCMS導入支援にも詳しく記載しています。こちらのページも合わせてご覧ください。

ホームページをCMS化するメリット

CMSツール導入のメリットは、ある程度パソコン操作の知識があれば、ホームぺージをかんたん更新できることです。

CMSテンプレートでデザインを統一

CMSツールを導入すると何故クオリティがバラバラにならないか?ですが、デザインが統一されることが大きいです。

CMSツールは通常、コンテンツ(中身の記事の部分)以外は、テンプレートと呼ばれるデザインパターンをシステムで読み込んでいます。そのため、ホームページを更新する担当者が改編することができないので、不要なアレンジを防ぐことができます。

CMSのデザインについては『CMS化したWEBサイトのデザインと役割』でも詳しく解説していますのでご覧ください。

CMSツールでリンク切れリスク削減

CMSツールを使って新たにページを追加した場合、システムで新規ページを作り出すためにリンク切れの心配がありません。リンク切れは検索エンジンの評価を下げてしまうリスクもあります。CMSツールを導入するとSEO(検索エンジン)対策にも相性がいいホームページを作ることができます。

CMSツールでスマートフォン対応

CMSツールの既存テンプレートは、スマートフォン対応しているものがほとんどです。また、オリジナルデザインのテンプレートを利用したい場合も、レスポンシブウェブデザインにするなどして、予め型を作っておけば、ページを追加・更新してもレイアウトが崩れてしまうリスクは少ないです。

また、検索エンジンのGoogle は、スマートフォンフレンドリーなホームページを推奨しています。この観点からもホームページのCMS化は大変有効です。

SEO対策としてCMSツールを導入

CMSツールはかんたんにホームページを更新することができるため、やる気さえあればいくらでもページを追加していくことができます。ユーザーにとって有益な情報が次々と公開されるホームページは、検索エンジンにも高評価されます。

CMSツールとSEO対策の相性の良さの図

ページが増えれば盛り込まれるキーワードも増えます。積極的にページを増やして、キーワードからの流入を狙たSEO対策を打つこともできます。

CMSツール導入のメリット
  • かんたんにホームページが更新できる
  • 統一感のあるデザインを保てる
  • ホームページのクオリティを一定に保てる
  • スマートフォンフレンドリーなホームページができる
  • 検索エンジンと相性がよくSEO対策になる

ホームページをCMS化するデメリット

CMSツール導入には様々なメリットがある一方で、やはりデメリットも存在します。

CMSツールを導入する際のデメリット

CMSを使ったホームページ運用の場合は、制作前にデザイン、レイアウトをきちんと設計しないと運用時に困ることになります。

ホームページの更新費用削減などをうたい文句にしているセールスを見かけますが、こちらは少し注意していただきたいです。
本ホームページでもCMS導入支援のページで更新費用削減を記載しています)

ホームページをCMS化する際は、CMSツール(ソフトウェア)を導入します。CMSツールの組み込み費用や、CMSツールのグレードによってはソフトウェア自体にも費用が掛かります。ホームページをCMS化すると更新費用は安くなるのか?導入前にきちんと比較・調査をすることをおすすめいたします。

また、CMSツールを導入すれば社内でホームページの更新が可能になります。CMSツールの操作はかんたんですが、ブログ記事を投稿する程度の負担はかかります。

CMSツール導入のデメリット
  • 初期投資が一般的なホームぺージ制作より高い場合が多い
  • きちんと設計して構築しないと使いにくいシステムになる
  • ブログを更新するのと同程度の手間がかかる
CMS導入のメリット・デメリットのまとめ

CMSツールを導入するにはメリットもデメリットもあります。

ホームページリニューアル時は、CMSツールを導入の検討段階で「どのようなホームページを作るか? 」「ホームページの目的は何なのか?」「 ホームページ運営はどのように運用していくか?」 がしっかり決まっている状態で、CMSツール選定・導入することをおすすめします。

オリジナルのCMSツールから有償・無償のCMSツールまで多様な開発経験をもつ私たちだからこそお手伝いできることもあるかと思います。

CMSツール導入のご相談はお気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSのご相談・お見積りなどのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

CMS導入のメリット・デメリットに関連する記事

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選