スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンク/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンク

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンク

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンク:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

スマートフォン対応サイトに『PC版へ』のリンクがある理由

既存のPC用WEBサイトをスマートフォン用に最適化する際の第一段階として、必要最低限のページのみ最適化する場合が多いからです(本ページ公開当時)。理由は、携帯(フィーチャーフォン/ガラケー)同様、スマートフォンもPCと比較すると表示できる領域が限られているため、そこで見せられる最適なコンテンツ・最適なボリュームに抑えざるおえないからでした。

そこで、スマートフォンからアクセスしてきた閲覧者にも、PCサイト同様の内容が提供できるよう、『PC版へ』のリンクが存在します。

『PC版へ』のリンクは?

現時点でのWEBサイト制作のトレンドはレスポンシブウェブデザインです。レスポンシブウェブデザインのソースコード(HTML/CSS)は、PC版・スマホ版を共用するためにの動作をリンクですることが難しく、あまり『PC版へ』のリンクは見かけなくなりました。

レスポンシブウェブデザインでも『PC版へ』のリンクを設置することは不可能ではないのですが、工数がかかる割にほとんど需要が無いので設置することが少なくなりました。

レスポンシブウェブデザインのようにファイルを共有することが逆に非効率になる大規模サイトの場合は、一部『PC版へ』のリンクを残しているWEBサイトもあるようです。例えばヤフーの場合は、以前はページの一番下のわかりやすい所にリンクがありましたが、今ではいくつかの操作を経てリンクを見つけるような、需要は少ないけど一応残しておく、というような位置づけになっています。

平成27年4月時点

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンクのまとめ

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンク、いかがでしたか?本ページ公開時と比べて現時点(2015年7月)ではデバイスの機能も向上し、PCサイトで閲覧できる情報は、スマートフォンでもほぼ出来るようになりました。また当時は部分的にスマートフォン最適化していたWEBサイトも多かったですが、今ではモバイルファーストの流れでスマートフォンでの情報の見せ方に気を使うケースも増えてきています。

『PC版へ』のリンクをまだ使っていたり、『スマートフォン版へ移動しますか?』などのアラートを表示するWEBサイトも依然として見かけます。必要に応じて[PC][スマートフォン]どちらに、どのように、遷移させていけばいいかを検討してみてください。

ホームページのスマートフォン対応に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォンサイト構築のご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

スマホ版サイトで『PC版サイト』へのリンクに関連する記事

スマートフォンからアクセスを増やす方法
スマートフォンからアクセスを増やす方法

スマートフォンからのアクセスを増やすには、ユーザーがどんな環境でWEBサイトへアクセスするか?を把握することが大切です。閲覧デバイスや時間、流入経路からアクセス状況に仮説を立てます。結果によっては、必ずしもWEBサイトをスマートフォン対応する必要ないかもしれません。その見極め方法や適切なアプローチ方法を紹介します。

スマートフォン、指のアクション名称一覧
スマートフォン、指のアクション名称一覧

WEB担当者にとってアクションの名称を覚えることは必須ではありません。もし、パートナー(業者)との会話の中でわからないことがあれば聞けばいいと思います。しかし、これらの名称と動きを一度確認しておけば、会話の中で聞いてすぐにイメージと結びつくことが出来ますので是非このページの内容を確認しつつスマートフォンを操作してみて下さい。

WEBサイトのリニューアル、運営まで見据えて設計します。

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選