ランディングページを一貫した戦略で成果につなげる方法

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

WEBで成果をあげたい担当者へ

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

ランディングページってなんですか?

ランディングページとはインターネット上の様々な広告からリンクする着地ページのことで、LPと呼ばれることもあります。このランディングページの役割は、コストをかけて出稿した広告を確実に成果に結びつけることです。

バナーから流入するモチベーションの高いユーザー

バナーやリスティング広告から流入してきたユーザーは基本的に発信者側が意図した何らかのキーワードに興味を持ってページに流入してきます。せっかく興味を持って流入してきたユーザーですから、高いモチベーション心理をがっちり捕まえて成約に導いて行きましょう。そのために、特に以下の点を気をつけてみて下さい。

ファーストビュー

バナー広告をクリックして流入してくるユーザーは違和感に敏感です。最初の一画面で「ビジュアル」「キャッチコピー」「ボタン」の三点が必ず見えるように設計します。

ビジュアル

広告から一貫した関連性のあるビジュアルが入ることが重要です。ファーストビューで、ユーザーが目的のページにやってきたことが認識できるようにすることがポイントです。

キャッチコピー

サービスの特徴・メリット・内容が伝わるコピーを添えて、ビジュアルとともに一目でサービスが理解出来るようにします。

ボタン

成約ボタン、例えば「資料請求」「お問い合わせ」「購入」などのボタンを配置し、ランディングページの目的をユーザーに明確に伝えます。

サービス詳細

ファーストビューでサービスの概要を伝え、さらにスクロールした際、サービス内容(細部のイメージであったり、スペックや金額など)を詳細に伝えます。

問いかけ

サービス内容を伝えきった後は、あらかじめユーザーの課題を用意しておいて「○○なことでお困りではありませんか?」と問いかけます。記事に書かれた内容に対してユーザーが自分ごとのように考る効果があります。

事例

事例を添えれば、今まで説明してきたサービス内容に説得力を持たせることが出来ます。さらに、実際改善・効果のあった数字を掲載したり、お客様の声など実際のお客様のコメントを掲載すればさらにサービスの説得力が増します。

コンバージョン

「資料請求」「お問い合わせ」「購入」をしていただいて、このページのゴールとなりコンバージョン(CV)がカウントされます。コンバージョンの為のボタンはページ内に複数個用意しておくと良いでしょう。

リンクについて

通常のWEBページであれば、ハイパーリンクにキーワードを埋め込みページをスムーズに遷移できるようにしますが、ランディングページにおいては別のページに遷移する要素は配置せずに、極力コンバージョン1択の状態にしておき、出来るだけ多くの成約を獲得出来るようにします。

ランディングページを一貫した戦略で成果につなげる方法のまとめ

もしあなたがインターネット広告を検討しているのであれば、ランディングページは必須と言っていいでしょう。それは、広告からランディングページまで一貫した戦略をたてれば、より高い広告の成果を得られるからです。また、インターネット広告を利用しない場合でも、WEBサイトのトップページにバナーを設置して、ランディングページへの導線を作るなどの手法も有効な施策です。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

ブランディングでWEBサイト存在意義を明確に

あなたのWEBサイト、ランディングページの効果は出てますか?

WEB運営のアドバイスとK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る