CMSの気になるセキュリティー対策/台東区のWEB制作会社

- WEB担当者の相談室 -

私たちは、台東区浅草雷門でホームページ制作・運営代行インバウンド対応/集客支援をしている会社です。

CMSの気になるセキュリティー対策

CMSの気になるセキュリティー対策

CMSの気になるセキュリティー対策:目次

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

CMS化したWEBサイトはセキュアに対応

動的なWEBサイトと静的なWEBサイト

通常のWEBサイトは静的なHTMLファイルで作られています。これはアクセスするユーザーによって変更されることが無いテキスト情報(画像/cssへのリンク含む)のみを持ったファイルです。

一方、CMSツールを使ったWEBサイトは、データベースからプログラムによってテキスト・画像情報が取り出され、ブラウザの表示が変わる『動的なWEBサイト』が多いです。この動的なWEBサイトは通常のWEBサイトよりも運営面でセキュリティに気をつけなければならないことがあります。

このような動的WEBサイトは悪意あるユーザーにシステムに入り込まれ操作されてしまうと、WEBサイトがかんたんに書き換えられてしまいます。結果、意図しない情報を表示されてしまったり、悪質なプログラムを埋め込まれ、ユーザー(お客さま)に多大な迷惑をかけてしまうこともあります。

最低限考えたいCMSセキュリティ対応

CMSツールは最新版を使う

ほとんどのCMSツールの場合、定期的にシステムのバージョンをアップが行われています。バージョンアップされたCMSツールはセキュリティーが強化されます。セキュリティーのリスクを軽減する為にもつねに最新版のCMSツールを使うことをお勧めします。

CMSツールによってはアップデートが有料になるものもあり、場合によってはアップデートに付随する作業をWEB制作会社に依頼しなければならないこともあります。CMSはセキュリティーを含めたWEBサイト運営計画もCMSツール導入の前にきちんと検討することをお勧めいたします。

CMSツールの運営フロー

CMSツールを用いたWEBサイト運営フローでおすすめしたい手法をご紹介します。

CMSツールはテスト環境で利用

CMSツールはテストサーバーのみで利用して、公開時にテストサーバーから本サーバーへデータをコピーする手法です。その際、テストサーバーにはIP制限をかけ、特定のユーザーしかアクセスできないようにします。この手法でCMSを運用すれば、かなりのりセキュリティリスクが軽減できます。

テスト環境でCMS操作して本番環境へデータをコピーするWEBサイト運用図

しかしながら、この手法は WordPress や Joomla! などに代表される動的WEBサイトを構築するCMSツールでは使えません。Mobable Type など、静的WEBサイトを構築するCMSツールに有効な手段です。

CMSのアカウント管理には細心の注意を

CMSツールのセキュリティ管理で最も気をつけなけたいのはアカウント情報の管理です。アカウント情報とはCMSツールのシステムにログインするためのIDやPWのことです。

以外かもしれませんが、このアカウント情報が洩れて悪意あるユーザーにシステムを乗っ取られるケースは少なくありません。

CMSを用いたWEBサイト制作
テーブルの接頭辞

データベースのテーブル名もCMSツールによっては周知され、書き換えられるリスクがあるので接頭辞を変更し容易にテーブル名を想定できないようにします。

メタタグ

メタタグでどのようなCMSツールを使っているか、バージョンは何なのかを判断できる場合があります。もし外部にわかるような記述があったらすぐに削除するようにしましょう。

非公式プラグインは使わない

CMSツールによっては様々な機能拡張ができます。安易に非公式のプラグイン(拡張機能)を使うのはリスクを増大させることになります。

テーマ・プラグイン

新規インストールを基本的にはできないようにしておきます。また投稿画面などでスクリプトの実行ができないような対策も必要です。

サーバーへのアクセス

SSHでアクセス、難しい場合はSFTP または FTPS で接続するようにします。

CMSの気になるセキュリティー対策のまとめ

かんたん更新できるのがCMSツールの特徴ですが、自由なものには必ずリスクが付きまといます。セキュリティーリスクを軽減する為にまずはCMSツール導入の段階でしっかりとセキュリティーリスク検討してサーバー及びCMSツールを選定することが大切です。

最低限のリスクヘッジをしつつも、日々の運営フローをどのように心がければさらにリスク軽減できるかを考えていくようにしましょう。

CMS用のWEBサーバー選定

CMSツールでどんなに気をつけていても、その土台となるWEBサーバーのセキュリティーが脆弱だと防ぎようがないリスクがあります。WEBサーバーを選定の際もご利用になるCMSツールと相性がいいか、またCMSツールに対応したアップデートがなされるかを検証する必要があります。

ご不明な点、ご相談はいつでもお気軽にお問い合わせください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

CMSのご相談・お見積りなどのご相談・お問い合わせ

ホームぺージ・スタートアップで初期費用を抑え運営注力

初期費用を抑えてホームページ運営に注力

ホームページ・スタートアップ は初期費用を抑えてホームページ運営に注力したい方向けホームページ入門パッケージです。ホームページ運営の方法がよくわからない一緒に戦略を考えてくれるブレーンがいないなどお悩みのホームページ担当者にもおすすめのサービスです。

WEBマーケティング
CMSツール導入支援

CMSの気になるセキュリティー対策に関連する記事

CMSツール導入支援

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

WEB担当者の必見ノウハウ 7 選