フィーチャーフォンサイトとスマホサイトの違い

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

スマートフォン対応で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

携帯サイト(フィーチャーフォン)があるからスマートフォン対応サイトはいらない?

2017年現在では、フィーチャーフォンサイトの需要は殆どありません。

フィーチャーフォンサイトとスマートフォンサイトの違い

『うちは携帯サイト(フィーチャーフォンサイト)があるから、スマホサイトはいらないんじゃないの?』とお考えの方もいるかと思います。しかし、携帯とスマートフォンでは、表現の幅や出来ることが圧倒的に違います。

PC用WEBサイトから多デバイス展開を考えた時に、携帯用WEBサイトでは様々な制限がありました。それと比べても、スマートフォン用WEBサイトではかなりのことが実現出来ます。携帯サイト(フィーチャーフォン)で実装していた『必要最低限のコンテンツをシンプルに見せる』を基本としても、スマートフォン対応サイトでは、その一歩先に進んだ『いかに集客につなげるか?』という施策を考えることが出来ます。

フィーチャーフォンサイトの今

平成29年4月現在では、Google で『フィーチャーフォンサイト』と検索すると、終了のお知らせの検索結果が目立ちます。

総務省が提供する『平成27年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』にもフィーチャーフォンの利用率低下が顕著に表れています。

平成24年の全世代のスマートフォン利用率が32%、フィーチャーフォン利用率が69.7%だったのが、平成27年スマートフォン利用率が68.7%、フィーチャーフォン利用率が36.8%と逆転しています。20代の利用状況については、スマートフォン利用率が95.4%、フィーチャーフォン利用率が17.8%となっています。

フィーチャーフォンサイトに関しては、公的機関や一部のサービスを除き、ほぼ需要が無くなったと考えることが出来ます。

フィーチャーフォンサイトとスマホサイトの違いのまとめ

※本ページ公開時はまだ携帯サイトも活躍していました。現時点(2015年7月)では、都市部において携帯サイトの需要はどんどん減少してきています。まだスマートフォン対応をしていないのであれば携帯サイトと切り離して、御社の情報をスマートフォンでどのように見せていけばいいか?をご検討してみてはいかがでしょうか?

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォン対応サイト構築のお問い合わせ

スマートフォン対応とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る