スマートフォン専用サイトで作るメリット・デメリット

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

スマートフォン対応で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

スマートフォン専用サイトで作る効果ってなんだろう?

Googleの検索結果には、スマートフォン対応してあるかどうかが影響します。また、GPS機能などスマートフォン独自機能が使えるところです。

スマートフォン対応サイトの作り方

スマートフォン対応サイトを作る際に、その制作方法は大きく2つに分けることが出来ます。同じHTMLファイルを基にPCサイトとスマートフォン対応サイトを表示するレスポンシブウェブデザインと、個別のHTMLファイルで表示する方法です。この個別ファイルでPCサイトとスマートフォンサイトを表示します。スマートフォン専用サイトで作る場合にもレスポンシブウェブデザインと同様にメリット・デメリットがあります。御社が必要なものは何かをよく見極めてどちらの手法で導入するのかを検討することをお勧めいたします。

下記にメリット、デメリットを記載いたしました。ご参考にしてください。

スマートフォン専用サイトのメリット

スマートフォン・PCの個別設計が可能

それぞれ独立したウェブサイトのため、自由な設計が可能となります。

  • 最適なボタン配置やデザインを採用
  • WEBサイトの階層構造をスマートフォン用に最適化
  • 外部からの導線をスマートフォン用に考え設計
デザインやレイアウトの融通が可能

スマートフォンサイトとPCサイト双方で自由なレイアウトデザインが可能です。

WEBサイト表示速度の軽量化

スマートフォン最適化すれば素材の容量・配置方法、技術的なチューニングができるのでページ軽量化による表示速度の向上が可能です。サイト表示速度はGoogleの検索結果にも影響すると言われているのでスマートフォンサイト、PCサイト双方にメリットがあると言えそうです。

スマートフォン専用サイトのデメリット

個別に素材やコンテンツの用意が必要

双方のサイトのデザインに合わせた画像やテキストなどの素材の用意が必要なため作業量が増えます。

運用コストが上がる可能性

運用の際のサイト修正等で、スマートフォンとPC両方を修正する必要があり両方の手間がかかります。

URLの違いによる拡散・管理の不都合

URLが統一されない為、スマートフォンからとPCからSNS上にシェアされた際に違うURLになります。また、スマートフォン用のページが別で存在する場合は、「http://ドメイン/sp」「http://sp.ドメイン/」など別のURLになりますので、それぞれ転送設定が必要です。

スマートフォン専用サイトで作るメリット・デメリットのまとめ

レスポンシブで制作する場合とスマートフォンサイト専用で制作する場合とそれぞれメリットデメリットがあると思います。

  • サイトのユーザー属性(性別・年齢・アクセス割合)
  • 制作予算
  • リリース後の運用体制
  • 最もアクセスされる場所
  • サイトの特徴

上記のプロジェクト条件によって、どちらで制作するかを正確に判断する必要があります。プロジェクト開始時には、クライアントにも以上のことをしっかりと理解していただき、進めることが必要だと思います。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォン対応サイト構築のお問い合わせ

スマートフォン対応とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る