レスポンシブデザインのメリット・デメリットで導入検討

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

スマートフォン対応で考えること

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

スマホ対応しようと思って調べてたらレスポンシブデザインって出てきたけどなんだろう?

レスポンシブデザインは簡単に説明してしまうと、1枚のHTMLファイルでスマートフォン用とパソコン用のWEBサイトを制作・管理する手法です。Googleでも推奨されていることもあり注目され始めてきました。
Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法

レスポンシブデザインのメリット

PCサイトのコンテンツや素材が共用可能

PCサイト用のコンテンツや素材をそのままスマートフォン用に使い回すことが可能です。スマートフォン対応に文章構造や掲載画像を新たに考える必要がありません。

コンテンツ一元管理による運用コスト削減

コンテンツを共用できるので、更新・修正時に1枚のHTMLファイルを変更すればスマートフォン・PC両サイトのコンテンツが更新・修正されて、HTML・素材作成等の手間を省くことが出来ます。

統一URLでシェアにフレンドリー

PC用ページがSNS等でシェアされた際に、スマートフォンで閲覧したとしても、同一のURLでスマートフォン対応サイトに自動最適化されるのでページからの離脱を防ぐことが出来ます。

スマートフォン対応サイトより制作コストを圧縮できる場合が多い

レスポンシブデザインはPC/スマートフォンの折衷案的な考え方が出来ます。制作の初期にPC/スマートフォン対応サイトのテンプレートを作成し、PCサイトを構築していれば自然にスマートフォン対応サイトも完成しているというような形になります。注意したいのはレスポンシブデザインは折衷案なのでお客様の要求に柔軟に対応すると、逆にコストがかかる場合もあります。

レスポンシブデザインのデメリット

WEBサイトの表示速度に影響

PC用のサイトの大きな画像を一回ブラウザで受け取り、CSSもしくはJSで小さくすることでスマートフォン対応表示をするのでページ表示に時間がかかります。スマートフォンユーザーに対して、不要なコンテンツを見せない場合も、データを受信しているため、ページ表示に時間がかかります。

デザインやレイアウトの融通が効かない

折衷案であることがほとんどのため、複雑なデザインのサイトを制作しようとすると融通が効かないことが多々あります。 逆に融通を効かせすぎてしまうと、別々に制作するよりもコストがかさんでしまう可能性があります。

モバイルファーストにしなければ最適化とは言えない

モバイルファースト(スマートフォン対応の設計からPCの設計に進む)というような作り方をしない限りは、スマートフォンに完全に最適化された作りにはなりません。例えば、PCサイトの深い階層をスマートフォンサイトでも引き継ぐので、深い階層のスマートフォンサイトになってしまったり(スマートフォンには深い階層は不向きです)PCのユーザー導線を引き継ぐので、スマートフォンならではの導線設計も難しくなります。

レスポンシブデザインのメリット・デメリットで導入検討のまとめ

レスポンシブデザインはGoogleが推奨したこともあり最近よく話題にあがります。ただ先述したように、あくまで折衷案的な要素が強く導入の段階でよく検討しないとかえってコストがかかってしまう可能性もあります。また、想定しているほど成果が上がらないことも考えられます。より良い成果に結びつけるためにも、導入は慎重に検討することをお勧めいたします。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

スマートフォン対応サイト構築のお問い合わせ

スマートフォン対応とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る