共用サーバーと専用サーバー

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

サーバーについて

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

ホスティングサービスでよく「共用サーバー」と「専用サーバー」と聞きますがどんな違いがあるのでしょうか?

共用サーバーは1台のサーバーで複数のホームページ(ユーザー)を共有し、専用サーバーは1台のサーバーを専有する違いがあります。

共用サーバー

共用サーバーは一つのサーバー(ハードウェア)上に一つのサーバーOSと一つのWEBサーバーソフトウェアが稼働しています。それを複数のユーザーでシェアしている状態が共用サーバーです。

共用サーバーのメリット
  • 価格が安い
  • 導入が簡単

レンタルサーバー会社が入れ物(サーバー)をきちんと用意してくれているので、データをアップロードするだけでサーバーとして機能します。初期設定で必要な複雑なサーバー構築は必要ありません。さらに、複数のユーザーとサーバーをシェアしているので、その分価格が安く設定されています。

共用サーバーのデメリット
  • 動作が不安定な場合がある
  • 融通が利かない

不特定多数のユーザーと物理的なサーバーをシェアするので、他のユーザーがサーバーパフォーマンスに影響が出るような利用をすると、自身のサーバーパフォーマンスにも影響してしまいます。また予めサーバー運営に必要な設定を簡単にするために、利用方法が限られている場合が多く、ユーザーの思うような細かな設定が出来ない場合もあります。

専用サーバー

専用サーバーは一つのサーバー(ハードウェア)上に一つのサーバーOSと一つのWEBサーバーソフトウェアが稼働しています。それら一式を自分専用に使うことが出来るのが専用サーバーです。

専用サーバーのメリット
  • 他者に影響されず動作が安定する
  • 拡張することが出来る

サーバーのroot権限をもてるので、アプリケーションのインストールも自由に出来ます。また、メモリ・CPUを専有出来るので動作も早く安定して使うことが出来ます。

専用サーバーのデメリット
  • 価格が高い
  • 導入が難しい

サーバーを一台丸ごと専有するのでコストも高価になります。また、設定がされていない真っ新な状態から利用開始しなければならないのでサーバーの専門的な知識が必要になります。

共用サーバーと専用サーバーのまとめ

レンタルサーバーの中でも黎明期から利用されていた「共用サーバー」と「専用サーバー」は、馴染が深く多くの利用者がいます。両者のサーバーの性質は全く違うので、求められるスキルやコストも異なります。利用目的がはっきりしている場合はサーバーの選定に迷うことはあまりないかもしれません。

「共用サーバー」と「専用サーバー」に関してのご相談はお気軽にご相談ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

サーバーに関する情報とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る