ホームページ公開時のサーバーについて

株式会社ケイツー・インタラクティブ [K2-interactive]

WEB担当者の広場

サーバーについて

 
CMSツール
スマートフォン対応サイト

ホームページを公開するとき「サーバー」はどうすればいいのですか?

サーバーをレンタル、もしくは専用のサーバーを用意します。アクセス数やホームページの内容によりどのようなサーバーがいいかは様々です。

レンタルサーバー

一般的なホームページの場合はレンタルサーバーを利用することが多いです。サーバー会社と契約して、サーバーの一部をレンタルします。利用者はサーバー内のレンタルスペースに、HTMLや画像などのデジタルデータを保管します。また、サーバーのレンタルスペースにドメインを付与すると、URLをブラウザに打ち込めばWEBページとして表示することが出来ます。

専用サーバー

サーバーを一台、もしくは数台まるっと占有します。サーバー会社内もしくは自社内にサーバーを置き、管理者(root)権限を持ちサーバーの設定を自由にカスタマイズして利用することが出来ます。

管理者権限を持っているのでサーバー利用に制限は無いですが、かなりの専門知識が必要です。社内に対応出来るシステムエンジニアがいる場合、もしくはシステム会社にサーバー管理をアウトソーシング出来る場合に専用サーバーを採用することが出来ます。

ホームページ公開時のサーバーについてのまとめ

ご紹介した「レンタルサーバー」「専用サーバー」の他にも、最近では「VPS(Virtual Private Server)」「クラウドサーバー」など、様々なサーバーが用意されています。サーバー選定は利用用途を良く定めてから比較・選定することをおすすめいたします。

サーバー運用に関してのご相談もお気軽にご相談ください。

本情報はページ公開時のものです。情報は常に更新され掲載内容と異なる場合がございます。

サーバーに関する情報とK2の出来ること

K2 WAY

ソリューション

施策事例 Client Voice

K2の得意なこと

スマートフォン対応サイト

スマートフォン対応サイト

スマートフォンサイトではユーザーのページ滞在時間が長く、熟読されるので、きちんと対応していれば成果につながります。

スマートフォン対応サイトを見る

CMSツール導入支援

CMSツール導入支援

HTMLが判らなくてもかんたんにWEBサイトを更新出来るCMSツールを活用して、見込み客をを増やしませんか?

CMSツール導入支援を見る

Global Planning

インバウンド向けPRとグローバルパートナーのGlobal Planning

翻訳・文化理解などインバウンド向けのプロモーションや、セミナー・勉強会などの学習機会をご提供いたします。

Global Planningを見る